文芸研究Ⅱ下原ゼミ通信 No.118

公開日: 

日本大学芸術学部文芸学科     2008年(平成20年)12月15日発行
文芸研究Ⅱ下原ゼミ通信No.118
BUNGEIKENKYU Ⅱ SHIMOHARAZEMI TSUSHIN
                              編集発行人 下原敏彦
                              
2008後期9/22 9/29 10/6 10/20 10/27 11/10 11/17 12/1 12/8 
12/15 1/19 1/26 
  
2008年、読書と創作の旅
12・15下原ゼミ
12月15日(月)の下原ゼミは、下記の要領で行います。文ゼミ教室2
 1.ゼミ誌刊行報告 出欠・連絡事項・その他
 2. 合同ゼミ発表会・擬似裁判
    「ナイフ投げ奇術師美人妻殺人疑惑事件」
     
 
12月の時空車窓 
 クリスマスのイルミネーション。正月の飾り物。12月の車窓は、いつの時代も華やかだ。しかし、なぜか、胸騒ぎする。というのもこの季節、喧騒の最中、よく大事件が勃発するのだ。2008年の今年は目下、不況の嵐が吹き荒れている。米国の津波をもろに受けて、これまでにない底冷えだという。派遣切り、大学生の内定取り消しのニュースが止まない。新しい内閣は、支持率急落。政局低迷、政権末期症状と囁かれている。車窓には、社会不安という大きな波が渦巻いて映っている。ジンクスか、過去の車窓を振り返ってみた。
 年末という季節、いったいどんな出来事があったのか。近いところでは、8年前の2000年に世田谷で起きた一家4人殺人事件。証拠となる遺留物は多いが、未だ解決に至っていない。日本もアメリカも好景気で沸いていた。「ついに犯人を突きとめた」など、いろんな推理ルポがでた。どれも泡沫だった。(編集室の推理は、犯人が食べたアイスクリームにカギあるかも)。遺留品が多いといえば、やはり日本が高度成長期で昭和元禄を謳歌していた頃、1968年12月10日、府中で起きた三億円盗難事件である。映画、テレビドラマ、出版物で注目された。が、こちらも解決はしていない。12月の車窓で、最大級の眺めといえば、67年前、今と同じアメリカも日本も大不況の只中にあるときに起きた出来事。1941(昭和16)年12月8日、日本は、どこで狂ったのか、兵力も資源も何十倍もあるアメリカ、イギリスに奇襲戦法で戦いを挑んだ。『高校日本史』(実教出版)には、このように書いてある。この日「航空母艦を主力とする日本海軍の機動部隊は、ハワイ諸島を奇襲し、真珠湾に停泊中のアメリカ太平洋艦隊に大損害をあたえた。また、同日、日本陸軍は、イギリスの植民地であるマライ半島北部に上陸を開始した。」このときの様子は、映画『トラ・トラ・トラ』(1970公開)で知ることもできる。不況を戦争で解決しょうとした悲劇だった。
 12月車窓で一番の見ものといえば、赤穂浪士討ち入りであ。ときは元禄14年(1702)、12月15日未明、播州・旧赤穂藩の浪士47人が、主君の仇を討つために本所の吉良邸を奇襲し、吉良上野介の首をとった。吉良側の死者は16名、重軽傷者約30名、浪士側は、軽傷者数名のみ。46名が自首したが、翌春、切腹した。1名は武士でなかった為、墓守となる。時空の師走車窓は劇的絵巻でもある。(編集室)


文芸研究Ⅱ下原ゼミ通信No.118―――――――― 2 ――――――――――――――
車窓雑記
単純な、しかし難解な事件
 選出された市民が参加する裁判員制度は、来年5月からスターとする。裁判員に選ばれる確率は、全国平均4911人に1人だという。有権者である限り、誰にも資格がある。なぜ、施行するのか。むろん民主主義の為ではあるが、残念ながらそうとも思えない。昨今、行政に関わる人間の質が低下している。政治家、官僚、役人の腐敗、無能はいまにはじまったことではないが、ここにきて法律の番人たちの汚れが目立つ。このあいだストーカー裁判官のニュースがあったと憤慨していたら、こんどは、なんと京都家裁の書記官が偽造有印私文書行使容疑で逮捕された。早い話、立場を利用してお金を盗んだのである。裁判官も人間だ。100%清廉潔白の士を望むべきもないが、犯罪者は、言語道断だ。それに偏見や思想主義に凝固まった性格の持ち主でも困る。選挙のとき、ときどき罷免裁判官の投票がある。が、どんな裁判をしたのかもわからない。とても改善されるとは思えない。いずれにせよ市民参加の裁判員制度は真の民主主義国家になるために必要不可欠である。戦前にもあったというが、立ち枯れたようだ。それだけに、しっかり根をはって欲しいものである。
 しかし、ここにきて、なにやら逡巡する人が多くなったようだ。批判や反対する人たちもいる。(もっとも、そうした人に限って、参加したがっているようにもみえるが・・・)テレビで見ての感想だが、「いきなり殺人などの重い犯罪は不安」は理解できる。普段、人を裁くことを考えたこともない人が量刑を決めるのは厳しい。殺人か無期か、つまり「生か死か」は一見、単純に思えるが、いざ下すとなると考え込んでしまうかも知れない。
 たとえば、12月20日の新聞一面に『「審理足りぬ」一審破棄』(朝日)の見出しがあった。この事件は2005年11月22日、下校中の小学一年生(7)女児が、いたずら目的で誘拐され殺害され、遺体がダンボール箱に入れられた状態で見つかった事件。犯人は、通学路に住む、ペルー国籍のヤギ被告(36)、自国でも同様の事件を起こしていた。この犯人の容疑は「殺人、死体遺棄、強制わいせつ致死」弁護側は、責任能力を争って無罪を主張しているが、裁判としては単純な事件にみえる。それだけに、この事件の「一審は、来年始まる裁判院制度のモデルケースとして、争点を事前に絞り込む公判前整理手続きを採用、証拠調べを初公判から5日間、計25時間で終える集中審理も実地した」らしい。
 しかし、高裁判決は、一審の訴訟指揮や検察側の立証活動の不備を指摘した。この結果について新聞は、「裁判員となる市民の負担軽減のための裁判の迅速化と、必要な審理をつくすことの両立の難しさを印象づけた」と、評している。事件的には、猥褻殺人事件と単純なものだが、被告が外国人だけに、言葉の解釈を盾に遅らせているようだ。
 単純で難解といえば、9月千葉県東金市で起きた保育園女児(5)殺害死体遺棄事件もそうなる予感がする。12月6日に逮捕された犯人は、近所に住む21歳の男だった。マンガやアニメ好き。自宅マンションの部屋の中は、漫画本やアニメキャラクター、ビデオ、DVであふれていたと報道にある。逮捕の第一報を聞いたとき、やはり変質者か、と単純な犯罪に思った。しかし、その後の報道で、容疑者は特別支援学校の卒業生、知的障害者と判明した。このことから動機は分散する。真に猥褻目的か、愛玩目的か、弁護側ならスタインベックの『二十日鼠と人間』も彷彿できる。今年6月ようやく死刑が執行された死刑囚がいる。1988~89年の間に女児4人を誘拐、殺害した。単純な大事件が、こんなにも長引いたのは精神鑑定が争われたからである。東金の事件も裁判員にとっては、厄介な事件とりそうだ。
 ちなみに知的障害がある被告(43)の裁判判決が、この10日、大阪地裁であった。事件は、昨年1月17日に起きた。被告は、近鉄八尾駅前の歩道橋で、通りがかった男児を抱え上げ、約6・4㍍下の道路に投げ落とし、頭蓋骨骨折など二ヶ月の重傷を負わせた。裁判官は、この「男児投げ落とし殺人未遂事件」に対し、被告の知的障害と、ストレスによる心神耗弱を情状に懲役5年6ヶ月(求刑12年)を言い渡した。被告は過去にも同様な犯行を起こしている。傍聴した被害者家族は「納得できない」と話した。   (編集室)
――――――――――――――――― 3 ―――――――文芸研究Ⅱ下原ゼミNo.118
2008年、読書と創作の旅
後期「2008年、読書と創作の旅」
12月15日ゼミ・プログラム
はじめに  → 出欠、「ゼミ通信」、課題配布、連絡事項
                 
1.ゼミ誌『ドレミファそらシド』刊行に関する報告、  
 (川端・大野編集長、小黒副編集長、坂本・瀧澤・橋本・飯島編集委員から)    
2. ゼミ合同授業、模擬裁判発表
 来年5月にスタートする裁判員制度が注目されています。ここにきてテレビなどマスメディアで連日、報道されている。下原ゼミでは後期、テキストの志賀直哉や世界の名作作品から事件ものをとりあげ擬似裁判をつづけてきました。本日、発表するのは、そのなかの一つの事件です。未必の故意を扱った、ものです。
   
志賀直哉『范の犯罪』
「ナイフ投げ奇術師美人妻殺害疑惑事件」裁判員参加擬似裁判
 11月15日午後八時十三分頃、所沢にある演芸場の舞台で、ナイフ投げ演芸に出演していた女性スタッフ(24)が死んだ。演芸の奇術師(28)の投げたナイフが首に刺さり、頚動脈が切れた。出血多量の即死だった。女性は、奇術師の妻で、結婚当初から不和であったため、故意による殺害の嫌疑がかけられ逮捕された。被告も、半ば故意であったことを供述している。この事件の評決は、有罪ならその量刑はどのくらいか。
 裁判員の皆さん、よろしくお願いします。
 
12・15擬似裁判 参加者
☆ ナレーション ・・・・・・・ 川端里佳
☆ 裁判官 ・・・・・・・・・・ 橋本祥大 (通常は三名)
☆ 被告 ・・・・・・・・・・・ 瀧澤亮佑
☆ 証人一(座長) ・・・・・・・ 阪本義明
☆ 証人二(助手) ・・・・・・・ 臼井友之
☆ 裁判員 ・・・・・・・・・・ 秋山有香 本名友子 野島龍 大谷理恵
                 小黒貴之 神田泰佑 飯島優季 
                 大野菜摘 刀祢平和也 長沼知子 
                 田山千夏子 川端里佳 橋本祥大
                 瀧澤亮佑 阪本義明 臼井友之
公判中継 → 審議 → 評決 25~30分
文芸研究Ⅱ下原ゼミNo.118 ――――――――4 ――――――――――――――――
車内観察
イニシアチブの行方
川端里佳
 半蔵門線は、渋谷から田園都市線と名前を変える。元の名前に比べて知名度は明らかに低い。どうせ乗っていれば勝手に名前が変わるのだから、半蔵門線と説明してしまった方が早い。そう地元民には思われている、少し寂しい路線だ。
 しかし田園都市線が止まれば、私の住む地区は東京に出られない。そんな事情から、地元民には重宝されている路線ともいえる。
 いつも通り座れないことにイライラしながら、私は重たい鞄を足元に置いた。ポケットから取り出した携帯を開くと、画面の右上で電池の残量がわずかだというマークが点滅していた。
いじるものがなくなり、手持無沙汰になっているところへ、流暢な関西弁が耳に入ってきたのだ。
「年上やけど、めっさアホやで? みんなが思っとるような年上ちゃうもん」
 昔から関西弁は大好きだった。幼稚園に通っていた頃からセーラムーンと共にKinKi Kidsを溺愛していたからかもしれないが、自分には関西の血が流れているのではないかと思った時期もあった。まあ、どんなに家系図を遡ってもそんなものは出てこなかったが。
 気付かれないよう、声の方へちらっと視線を向けると、こんな寒い時期に寒くないのかと言いたくなるような丈のスカートの女子高生が、三人ほど出入り口付近に立っていた。
 そういえば自分も高校生の頃はあれぐらいの丈で、自転車をぶっ放して通学していたなと思い出に浸っている間も、彼女たちの話は続いた。
 そのグループの中心人物であるらしいショートカットの女の子―ここではAちゃんとしよう―には、もうすぐ社会人になる彼氏がいるらしい。残りの二人はその彼氏に興味津々。周りにお花が舞っているような、少女漫画の一場面だ。
「せやけど、年上は年上やろ?」
 ポニーテールの女の子が、少しからかいながら聞いた。
「そやで? それに、どんなアホかて彼氏おるだけええやん」
 金髪の女の子がポニーテールの女の子に、なあ?と同意を求めた。それを見ていたAちゃんは苦笑だ。どうやら、あとの二人は現在彼氏募集中らしい。
「ほんなら教えたるわ。うちの彼氏がどんだけアホか」
 そして、Aちゃん彼氏の武勇伝が幕を開けた。
「この前な、いきなり『困ってんねんけど相談のってくれへん?』って電話かかってきてん」
 社会人になろうとしている男が、高校生の女に何を相談しようというのか。同じことを思ったのか、あとの二人も真剣だ。
「そしたらな『今、目の前にある野菜が小松菜なんか青梗菜なんか、それともほうれん草なんか分からへん』って」
「スーパーやったら、そんなもん書いてあるやろ!」
「てか、その前に見分けもつかんと買い物行くなや! コンビニ弁当でええやん、コンビニ弁当で!」
 ……さすが、関西人。ツッコミが早い。そして声がでかい。
 周りからは静かにしろという無言の視線が集まってきているが、そんなものは今の彼女たちには届かない。頭の中は、次の武勇伝を待っているに違いないのだ。
 そして私も、吹き出しそうになったのを間一髪のところで咳をしてごまかした。
「コンビニ弁当には愛がないから、嫌やねんて」
「愛より味やろ! どうせ失敗すんねんから」
―――――――――――――――――― 5 ――――― 文芸研究Ⅱ下原ゼミNo.118
「○○が作ってあげればいいんちゃうの?」
 ○○とはAちゃんの名前らしい。思いのほか可愛らしい名前だったのでクスっと笑いそうになってしまったが、初対面の人に失礼だなと思いなおした。
「あかん、あかん。あいつ味音痴やもん。何にでも醤油かけんねん」
 高校生にここまで主導権を握られている彼氏を、一度この目で見てみたいなと思っている間に、二人からツッコミがきた。
「醤油どんだけ好きやねん! 塩分取りすぎて死ぬで!」
「てか、そんなんやったら小松菜でも青梗菜でもほうれん草でも、分からへんやろ! どれかて同じやん!」
 ほんまや、と甲高い笑い声が車内に響く。
 周りからの視線に気づいていないのか、それとも無視しているのか。どうしても後者だと思ってしまうのは、関西人は周りの視線なんかには屈しないようなイメージがあるからだろうか。
 後日、関西人の友達にこのことを話したら「関西人にかて、デリケートな人と大人しい人ぐらいはおるわ!」と怒られてしまった。
 気がつくと、電車は私が降りる駅のホームに入っていた。
 まだまだ続くであろう彼女たちの会話。名残惜しそうに視線を向けると、Aちゃんと視線が交わりそうになり、慌てて足元に置いていた鞄を掴んだ。
「あまりにもアホやから、明日の誕生日に小学生の勉強ドリルあげようと思ってんねん。ノルマ達成したらキス一回のご褒美つき、どや?」
 それええやん、と笑っている彼女たちの声を聞きながら重たい足でホームに降りた。キス一回で釣られてしまうのであろう、見たこともない彼氏さんのことを思うと、ほんの少しだけ心が痛んだ。
 やはり、女は強い。
□ 何気ない車中の会話から、社会や時代、文化を感じとることができますね。
最近のニュースにみる車中観察
編集室
 新聞のゴミ記事をみていると、ときどき車中ニュースがある。たいていは痴漢記事だ。冤罪は悲劇だが、最近はインターネットで知り合った者同士の犯行があった。東上線だが、あまり混んでいないときの犯罪というから恐ろしい。車中の犯罪といえば、他にスリ、置き引きがある。終電近くの車両には、それらしき人間をときどき見かける。まったく違うかもしれないが、車両から車両に、酔って眠っている客を探して歩いていた。
 先日、山の手の車中で、妙なというより珍事件があった。混んでいない車両の床に大量に小さなムシをバラまいた男がいて逮捕された。ムシは、海つりに使う幼虫のような虫らしい。男はなんのために、そんなことをしたのか。女性の乗客が驚くのが見たかった。それが目的であったという。なんとも、世の中には、いろんな性癖を持った人間がいるものだ。満員の静かな車中風景。だが、そこには無数の欲望や物語が潜んでいる。
 
お知らせ
課題の提出原稿、未掲載分は、年明号に掲載します。
「金貸し老婆殺人事件」「ある死刑囚の告白」など課題提出原稿で、まだ未発表のものは、年明け、特別号にて掲載します。
文芸研究Ⅱ下原ゼミNo・118―――――――― 6――――――――――――――――
名作読み 12月といえば第九ですが、アポリネール(1880-1918)のこの詩を思い出す人も少なくありません。木枯らし吹く師走の夕暮れ、一人行く雑踏のなかでこの詩を思い出してください。「ミラボー橋」は1913年の作品。これはセーヌ川にかかる鉄製の橋の名前です。(詳しくはネット「アポリネール」検索ください)
  Le pont Mirabeau            ミラボー橋
Sous le pont Mirabeau coule la Seine.  ミラボー橋の下をセーヌは流れる
Et nos amours              そして私たちの愛も
Faut-il qu’il m’en souvienne       思い出さねばならないのか?
La joie venait toujours apres la peine  悲しみの後に必ず喜びが来たことを
Vienne la nuit sonne l’heure       夜が来て、鐘が鳴り
Les jours s’en vont je demeure.     日々は去り、我は一人。
Les mains dans les mains         手に手を取り
restons face a face         顔に顔を合わせ
Tandis que sous le Pont         私たちの腕が作る橋の下を
de nos bras passe          永遠の微笑みが流れる間に
Des eternels regards l’onde si lasse   水は疲れていった
Vienne la nuit sonne l’heure       夜が来て、鐘が鳴り
Les jours s’en vont je demeure.     日々は去り、我は一人。
L’amour s’en va comme cette eau courante 愛は流れ行く水のように去っていく
L’amour s’en va comme la vie est lente  愛は人生は遅すぎるかのように
Et comme l’Esperance est violente    そして望みは無理であるかのように
                     去っていく
Vienne la nuit sonne l’heure       夜が来て、鐘が鳴り
Les jours s’en vont je demeure.     日々は去り、我は一人。
Passent les jours et passent les semaines日々が去り、週が去って行くのに
Ni temps passe              時は去らず
Ni les amours reviennent         愛は戻らない
Sous le pont Mirabeau coule la Seine   ミラボー橋の下をセーヌは流れる
Vienne la nuit sonne l’heure       夜が来て、鐘が鳴り
Les jours s’en vont je demeure.     日々は去り、我は一人。
 句読点を使わないという画期的な手法を使った作品集「アルコール」の特徴
がこの詩にも出ています。(検索)
 去っていった恋人、マリー・ローランサン。詩人は38歳の短い生涯。が、彼女への愛は永遠に終わらない。
―――――――――――――――――――― 7 ――――文芸研究Ⅱ下原ゼミNo.118
土壌館ニュース(12・8ゼミ報告)
後期航路10日目、
参加者は12名
 
 この旅も、目標が見えてきました。ゼミ誌刊行も近いようです。編集委員の皆さん、一丸となって協力したゼミの皆さん、ご苦労さまでした。
参加者紹介(敬称・順番略)
 
阪本義明、 大野菜摘、 川端里佳、 長沼知子、 大谷理恵、 刀祢平和也
瀧澤亮佑、 秋山有香、 橋本祥大、 臼杵友之、 飯島優季  野島 龍 
司会進行は、橋本祥大さん
1.ゼミ誌作成報告
「15日の納入日には間に合います。10日に刊行予定です」川端編集長
2.名作読み
ヴェルレーヌの「空」感想 堀口訳 → 強気な感じがする。
             橋本訳 → やわらかめの感じ。
3.新聞・高層マンション15階投げ落とし殺人事件感想
検察からの求刑、無期懲役の判決には → 納得できない。被告にも投げ落とされる恐怖
                    を味合わせるべき。うつ病を考慮したくない。
4.11・15合同ゼミでの擬似裁判について
・配役をきめる 全員に決まる
・リハーサル 25 ~30分もの
・審議の個所を再度リハーサル
「2008年読書と創作の旅」後期後半ゼミについて
1月19日(月) ・ゼミ雑誌『ドレミファそらシド』合評会
       ・(時間あれば、百人一首大会)
1月26日(月) ・名作読み『最後の授業』、・出来なかった課題、
        ・お別れ会、回顧と展望、・(時間あれば、百人一首大会)
文芸研究Ⅱ下原ゼミNo.118―――――――― 8 ――――――――――――――――
掲示板
本通信掲載原稿について
○ 車内観察 → 電車の車内で観察したこと(車内から社会を、時代を見通す)
○ 1日の記録 → 自分の1日を観察する(自分のことをどれだけ書けるか)
○ 生き物観察 → 人間、動物、草木、生あるものすべての観察
 旅終えたあとも、掲載可です。継続は力、いつでもお寄せください。
後期・配布課題テキスト一覧
 9月22日 → 「奇術師美人妻殺人疑惑事件」志賀直哉『ハンの犯罪』
 9月29日 → ヘミングウェイ『殺し屋』、ニコライの『古事記』
10月 6日 → ルナール『にんじん』、志賀直哉『幼女を盗む話』
10月20日 → ルナール『にんじん』、「尾道幼女誘拐事件公判」
10月27日 → カミュ『異邦人』「太陽のせい殺人事件」
11月10日  → 「コルシカ愛息射殺事件」メリメ作品から
11月17日  → 「金貸し老婆姉妹強盗殺人事件」ドストエフスキー作品から
12月 1日 → 「ある死刑囚の告白」サキ作品から
12月 8日 → 「奇術師美人妻殺人疑惑事件」台本 志賀直哉『ハンの犯罪』
ドストエフスキー情報
12月20日(土) : ドストエーフスキイ全作品読む会「読書会」、 
           会場は東京芸術劇場小会1議室 午後2時から
           講演者・高橋誠一郎氏(東海大教授)
 2月21日(土) :  ドストエーフスキイ全作品を読む会「読書会」
           会場は東京芸術劇場小会7 報告者・長野正
           作品『カラマーゾフの兄弟』
詳細は、編集室
評価基準 ゼミ誌発表(合)+課題・提出原稿+出席+α=評価(60~120)                               
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
編集室便り
☆「2008年、読書と創作の旅」内容は、本通信に掲載します。
☆ 原稿、歓迎します。学校で直接手渡すか、下記の郵便住所かメール先に送ってください。
 「下原ゼミ通信」編集室宛
  住所〒274-0825 船橋市前原西6-1-12-816 下原方
  メール: TEL・FAX:047-475-1582  toshihiko@shimohara.net
☆本通信はHP「土壌館創作道場」に掲載されています。
皆さんよいお年を!!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑