文芸研究Ⅱ 下原ゼミ通信No.139

公開日: 

日本大学芸術学部文芸学科     2009年(平成21年)12月14日発行
文芸研究Ⅱ下原ゼミ通信No.139
BUNGEIKENKYU Ⅱ SHIMOHARAZEMI TSUSHIN
                              編集発行人 下原敏彦
                              
後期9/28 10/19 10/26 11/9 11/16 11/30 12/7 12/14 1/18 1/25 
  
2009年、読書と創作の旅
後期の旅は、観察(表層観察と内面観察)から創作(&社会問題コラム)へ
12・14ゼミ
12月14日(月)の下原ゼミは、下記の要領で行います。3階文芸教室
 1.文ゼミ2教室集合・ゼミ通信配布・3階の会場に移動 
 
 2.3ゼミ合同発表会・参加=山下ゼミ、清水ゼミ、下原ゼミ
   ・山下ゼミ 宮沢賢治、『夜鷹の星』朗読
   ・清水ゼミ ドストエフスキー研究の報告
   ・下原ゼミ 志賀直哉、観察作品の寸劇と裁判
      
12・14は3ゼミ合同発表会 
 本日は、恒例となっている3ゼミ合同発表会の開催日です。各ゼミとも目下、ゼミ授業1年間の成果としてゼミ雑誌の編集作業をすすめています。こちらが形ある見える成果なら、合同発表は、形がない成果といえます。4月からのゼミ授業で、どんなことを学んだのか。学んできたのか、限られた短い時間のなかで発表します。
下原ゼミⅡは寸劇・「ナイフ投げ奇術師美人妻殺害疑惑事件」裁判を
 下原ゼミⅡは、寸劇を公演します。ゼミでは、この1年、書くことの習慣化を目指して、志賀直哉の観察作品をテキストに授業をすすめてきました。観察は車内からはじまって風景、社会、自分と手掛けてきました。本日、発表は心理観察ともいえる『范の犯罪』です。昨年度は、ゼミ生が多人数ということもあり、台本朗読の形でしたが、今年度はぴったりの人数なので寸劇に挑戦してみます。裁判員は観客の皆さんにお願いします。
 以下、配役のみなさんです。「ナイフ投げ奇術師美人妻殺害疑惑事件裁判」公演。
・前口上(証人の座長兼ねる)・・・・・塩崎真佑
・奇術師ハン(被告人)・・・・・・・・清水理絵  ・裁判員・・・・・・・観客全員
・奇術師美人妻・・・・・・・・・・・河西杏子
・裁判長・・・・・・・・・・・・・・河西杏子  ・擬音(騒音など)・・・代役
・検察官・・・・・・・・・・・・・・塩崎真佑  ・黒子・・・・・・・・下原敏彦
・弁護士・・・・・・(白川達矢)代役
・助手(証人)・・・(白川達矢)代役


文芸研究Ⅱ下原ゼミ通信No.139 ―――――――― 2 ―――――――――――――
12・7ゼミ報告 12月7日のゼミは、清水理絵、河西杏子、塩崎真佑、白川達矢の4名が
        出席。司会進行は、塩崎真佑さんでした。
ゼミ雑誌刊行年越しに 12・14納品断念
 ゼミ雑誌刊行は、年明けに。『下原先生と ちょつと不愉快な仲間たち』発行は、提出期限の12月14日をメドに編集作業を急いできたが、諸般の事情あって、入稿が遅れているため、刊行されるのは、2010年初頭になることが明らかになった。(報告・河西編集長)
締切日を12月31日に延期
 
 ゼミ誌刊行が遅れることから、原稿提出・手直しの締切りも延期となった。最終締切りは12月31日に持ち越された。
【ゼミ誌仕様】文字13ポイント 30字×23行    (報告・河西杏子編集長)
提出・報告
事件観察『罪と罰』 ぼくは、なぜアレを
塩崎真佑「告 白」取り調べ室での会話
合評 = 「このひどい ~ 憶測までがセンテンスが長いのでは」
     「容疑者に、人間性を感じる」「自分の方が正しい、ようにみえる」
新聞記事・SF創作 人類最初の人間アルディの生活
清水理絵「始まりと終わりのとき」死と生について
合評 = 「前作より、言葉が増えた」「死の考え方に成長がみられる」
寸劇・仮稽古
【事件再現】ナイフ投げ舞台(5 ~ 10分) 
 奇術師妻・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・河西杏子
 奇術師ハン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・清水理絵
 口上・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・塩崎真佑
【法廷劇】(事実確認)(20 ~ 5分)  
 助手・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・白川達矢
 座長・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・塩崎真佑
 裁判長・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・河西杏子
(裁判)
 裁判長・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・河西杏子
 検察官・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・塩崎真佑 
 弁護士・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・白川達矢
 奇術師・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・清水理絵
(判決)
 裁判員・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・観客
 裁判長・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・河西杏子
(有罪の場合)量刑について話し合った「5年 ~ 死刑まで」
(主文)
 裁判長・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・河西杏子
※ 4頁解答・文章題=問1②、問2⑤、問3⑤、問4④、問5③、問6①
         語彙力問題=問1 ウ 、問2 ウ  
――――――――――――――――― 3 ―――――――文芸研究Ⅱ下原ゼミNo.139
2009年読書と創作の旅
12・14ゼミプログラム
 3ゼミ合同発表会です。発表順位は以下の通りです。
1.山下ゼミ 「夜鷹の星」宮沢賢治
2.清水ゼミ 「罪と罰」ドストエフスキー
3.下原ゼミ 「ハンの犯罪」志賀直哉から寸劇
 「ナイフ投げ奇術師美人妻殺害疑惑事件・台本2幕
 
・代表 = 私たちは、この一年、志賀直哉の観察作品をテキストにして、観察して書くと
     いうことを学んできました。今日は心理観察のテキストを寸劇で演じたいと思い
     ます。容疑者は、はたして無罪か有罪か。観客のみなさんが裁判員です。
     
□開幕前 口上登場 中国式礼 ナイフ投げ奇術の宣伝
・口上 = 登場。ナイフ投げ芸宣伝「危険芸と百発百中を強調」
開幕 奇術師妻、つづいて奇術師登場 中国式礼
・奇術師 = 紙を切って、ナイフの切れ味を観客にみせる。
・奇術師妻 = 笑顔で演台に歩む。
事件に至る推移
舞台 奇術師妻と奇術師、向き合う。
・奇術師妻 微笑みながら両手をひろげる。
・奇術師 ナイフをみせながら狙いを定める。
・擬音 ドドーン 止む 静寂
・奇術師 投げる ナイフ、女の頭上に突き刺さる。
・擬音 ブス! 黒子、妻は以後で突き刺さったナイフを頭上にかざす。
・擬音 拍手
・奇術師 再び狙いを定める。やめて、深呼吸。ふたたび狙う。
・擬音 ドドーン 止む 静
・奇術師 投げる 女の右肩上に刺さる。喝采。
・奇術師 再び狙いを定める。やめて、深呼吸。ふたたび狙う。
・擬音 ドドーン 止む 静
・奇術師 投げる 女の首に刺さる。
・奇術師妻 ゆっくりくずれるように倒れる。一瞬の静寂 悲鳴
・擬音 騒音 119番、119番 いや110番だの連呼。
□法廷 裁判長 検事  弁護士 奇術師登場
・裁判長 事件概要
・検察官 調書から 有罪 故殺 計画的完全犯罪
・弁護士 状況証拠から無罪 過失致死
・裁判長 裁判員に委ねたあと、主文と判決。
文芸研究Ⅱ下原ゼミNo.139 ――――――――4 ――――――――――――――――
新聞 土壌館道場には10名ほどの小学生が柔道の稽古に通っているが、稽古のない日は、学研や他のスポーツ塾で埋まっている。作文教室に通う子も結構いる。なぜ、作文が・・・と思っていたら12月11日の朝日新聞にこんな記事があった。
ことばの力 はぐくもう 読解力低下の一途 語彙学力に不可欠
日本語を読み、書き、伝える力が揺らいでいるのではないか――(朝日新聞)
以下は例題です。暇なときやってみてください。(難易度は高校生向けです)
―――――――――――――――――― 5 ――――― 文芸研究Ⅱ下原ゼミNo.139
※解答は2頁にあります。
文芸研究Ⅱ下原ゼミNo.139 ――――――――6 ――――――――――――――――
名作紹介 12月といえば第九ですが、アポリネール(1880-1918)のこの詩を思い出す人も少なくありません。木枯らし吹く師走の夕暮れ、一人行く雑踏のなかでこの詩を思い出してください。「ミラボー橋」は1913年の作品。これはセーヌ川にかかる鉄製の橋の名前です。(詳しくはネット「アポリネール」検索ください)前号と重複
  Le pont Mirabeau            ミラボー橋
Sous le pont Mirabeau coule la Seine.  ミラボー橋の下をセーヌは流れる
Et nos amours              そして私たちの愛も
Faut-il qu’il m’en souvienne       思い出さねばならないのか?
La joie venait toujours apres la peine  悲しみの後に必ず喜びが来たことを
Vienne la nuit sonne l’heure       夜が来て、鐘が鳴り
Les jours s’en vont je demeure.     日々は去り、我は一人。
Les mains dans les mains         手に手を取り
restons face a face         顔に顔を合わせ
Tandis que sous le Pont         私たちの腕が作る橋の下を
de nos bras passe          永遠の微笑みが流れる間に
Des eternels regards l’onde si lasse   水は疲れていった
Vienne la nuit sonne l’heure       夜が来て、鐘が鳴り
Les jours s’en vont je demeure.     日々は去り、我は一人。
L’amour s’en va comme cette eau courante 愛は流れ行く水のように去っていく
L’amour s’en va comme la vie est lente  愛は人生は遅すぎるかのように
Et comme l’Esperance est violente    そして望みは無理であるかのように
                     去っていく
Vienne la nuit sonne l’heure       夜が来て、鐘が鳴り
Les jours s’en vont je demeure.     日々は去り、我は一人。
Passent les jours et passent les semaines日々が去り、週が去って行くのに
Ni temps passe              時は去らず
Ni les amours reviennent         愛は戻らない
Sous le pont Mirabeau coule la Seine   ミラボー橋の下をセーヌは流れる
Vienne la nuit sonne l’heure       夜が来て、鐘が鳴り
Les jours s’en vont je demeure.     日々は去り、我は一人。
 句読点を使わないという画期的な手法を使った作品集「アルコール」の特徴
がこの詩にも出ています。(検索)
 去っていった恋人、マリー・ローランサン。詩人は38歳の短い生涯。が、彼女への愛は永遠に終わらない。
 暗記・暗誦してみてください。
―――――――――――――――――― 7 ――――― 文芸研究Ⅱ下原ゼミNo.139
2009年読書と創作の旅、後期の記録
□9月12日 ゼミ合宿・那須塩腹、参加5名 『貧しき人々』朗読 司会=白川
□9月28日 参加5名、司会・白川、愛読書発表(清水・白川・塩崎)『出来事』読み
□10月19日 参加4名、司会・河西 課題発表、『正義派』読み、名作『あしなが』
□10月26日 参加3名、司会・塩崎 課題発表「登録」塩崎作品、『灰色の月』読み
□11月 9日 参加者4名、司会・清水、課題発表・社会問題「登録」塩崎、「つなわたり」
       塩崎、テキスト読み『子を盗む話』途中
□11月16日 参加3名、司会・白川 テキスト読み『児を盗む話』、課題発・表時事「折
       りたたみ傘」清水理絵、「米軍基地を笑うとき」塩崎真佑、社会問題・オレ
       オレ詐欺「詐欺電話」白川、記事創作SF「アルディの一日」清水、「アル
       ディの森」塩崎。
□11月30日 テキスト読み「ハンの犯罪」、寸劇仮稽古「ナイフ投げ奇術師美人妻事件」
       参加4名、司会・河西、ゼミ誌報告、課題発表「華麗なる復讐」清水理絵、
       「タカシ」河西杏子
□12月 7日 参加者4名 司会・塩崎、ゼミ誌、寸劇稽古、課題発表「事件もの」
  
後期提出作品内訳
「2009年読書と創作の旅」⑨ 新聞記事観察から創作・コラム
・白川達矢「ポカリ」(電車事故)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・発表済み
・塩崎真佑「窓」(電車事故)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・発表済み
・慈剛寺徳子「死にかけた」(電車事故)・・・・・・・・・・・・・・・・・・発表済み
・塩崎真佑「登録」(社会問題)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・発表済み
・清水理絵「私は中立」(ダム問題)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・発表済み
・塩崎真佑「ダム問題は誰のもの」(ダム問題)・・・・・・・・・・・・・・・発表済み
・清水理絵「好きになったんです」(新聞記事創作)・・・・・・・・・・・・・発表済み
・塩崎真佑「つなわたり」(新聞記事創作)・・・・・・・・・・・・・・・・・発表済み
・清水理絵「沖縄米軍基地」(時事・コラム)・・・・・・・・・・・・・・・・発表済み
・慈剛寺徳子「アルディの一日」(SF・新聞記事創作)・・・・・・・・・・・発表済み
・河西杏子「タカシ」(社会問題)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・発表済み
・塩崎真佑「米軍基地を笑うとき」(時事)・・・・・・・・・・・・・・・・・発表済み
・塩崎真佑「アルディの森」(SF・新聞記事創作)・・・・・・・・・・・・・発表済み
・白川達矢「詐欺電話」(社会問題)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・発表済み
・清水理絵「華麗なる復讐」(事件観察)・・・・・・・・・・・・・・・・・・発表済み
・清水理絵「始まりと終わり」(新聞記事・SF創作)・・・・・・・・・・・・発表済み
・塩崎真佑「あの先にある地」(新聞記事・SF創作)・・・・・・・・・・・・未発表
・塩崎真佑「告白」(事件観察)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・発表済み
【下原ゼミⅡ雑誌内訳】
2004年『背中に人生を』飯塚、蛯沢、小倉、小山田、金牧、木佐貫、木村、坂江、寺嶋、
    友枝、林、御橋、若宮
2005年『柔』中谷、田中、林、関、小河原、平岩、林、中村、大島、津田、畑
2006年『サンサシオン』大江・中川・猿渡・高嶋・鈴木・神田・佐藤
2007年『COCO電』高橋・疋田・茂木・金野・山根
2008年『ドレミファそらシド』川端・大野・刀祢平・瀧澤・野島・本名・秋山・大谷
    ・坂本・飯島・長沼・橋本・田山・臼杵・小黒
2009年『下原先生と ちょつと不愉快な仲間たち』河西、清水、塩崎、白川、永井、内田
文芸研究Ⅱ下原ゼミNo・139―――――――― 8――――――――――――――――
土壌館・実践的投稿術 ⑧
 文章力修業として投稿も、その一つの手段といえます。投稿は、投稿者が多ければ多いほど採用される確率は低くなります。が、そのことは即ち投稿作品の質の向上にもなります。様々なものへ観察・興味を抱く要因ともなるので、投稿は一石三鳥ほどの価値があります。
 もっとも投稿といっても、小説・論文投稿から標語まで多種多様です。が、ここでオススメするのは新聞投稿です。新聞は、毎日投稿できます。政治・社会・生活観察・自分の意見と幅もあります。また、時流や出来事のタイミングも重要となり自然、書くことの日常化・習慣化が身につきます。文章力研磨にもってこい場ともいえます。
 土壌館では、文章力を磨く目的はむろんですが、社会への疑惑や自分の意見・感想を伝えるために新聞「声」欄に投稿をつづけています。なぜ「声」欄かというと、500字という字数は、人が飽きなく読む字数であるということと、文体を簡潔にできるからである。
 柔道といえば嘉納家。嘉納家といえば柔道だが、この嘉納家が今年、平成21年3月で柔道界から勇退した。勇退したのは講道館第4代嘉納行光館長。講道館館長として5期、29年目の途中であった。突然の退任理由は、自身の高齢に加え、家族の介護問題とあるが、もともと世襲意識はなかったという。柔道の創始者・嘉納治五郎にも館長を親族が継いでいくという考えはなかった。例えば原宿駅近くに岸記念体育館という建物がある。これは、大日本体育協会第二代会長岸清一氏(1867-1933)の功績を記念して名付けたものだ。初代会長の嘉納治五郎が日本の教育と体育に残した功績は計り知れない。が、嘉納の名を冠とした箱ものは、まったく目にしない。僅かに柔道大会に「嘉納治五郎杯」があるのみである。が、この嘉納杯も「東京グランドスラム」となった。12月11日~13日開催
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
◆ 2009年(平成21年)3月10日 火曜日 朝日新聞「声」欄 下原敏彦
「嘉納」の理念 世界に発信を
 柔道の総本山である講道館第4代館長の嘉納行光氏が今月で勇退するという。127年間にわたり柔道の象徴として親しまれてきた「嘉納」の名が柔道界から消えることになる。時の流れとはいえ創始者嘉納治五郎を敬愛する者にとっては、一抹の寂しさがある。
 私は柔道を始めて44年、町道場で地域の子どもたちに柔道を教えて20年になる。経済的、時間的にも困難があるが、今も10人の子どもたちがいるから、と続けている。その理由は、ひとえに嘉納治五郎の理念「自他共栄」「精力善用」に魅せられたからだった。教育者として、コスモポリタンとして世界平和に奔走したことを尊敬するからである。
 現在、世界柔道人口は1千万人という。嘉納家は使命を立派に果たしたと思う。その功績をたたえたい。一方、嘉納治五郎が真に目指したのは人類の平和と幸福である。混迷する今日、その崇高な理念を改めて世界に発信したいと考える。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
編集室便り
☆ 原稿、歓迎します。学校で直接手渡すか、下記の郵便住所かメール先に送ってください。
 「下原ゼミ通信」編集室宛
  住所〒274-0825 船橋市前原西6-1-12-816 下原方
  メール: TEL・FAX:047-475-1582  toshihiko@shimohara.net
□ゼミの評価基準は可(60~100)とします。評価方法は、次の通りです。
  課題の提出原稿数+出席日数+ゼミ誌原稿+α=評価(60~100)
2009年さようなら 皆さん、よいお年を

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑