号外!文芸研究Ⅱ下原ゼミ通信

公開日: 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
日本大学芸術学部文芸学科     2005年(平成17年)3月 15日発行
号外!文芸研究Ⅱ下原ゼミ通信
BUNGEIKENKYU Ⅱ SHIMOHARAZEMI TSUSHIN
                              編集発行人 下原敏彦
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■                              
 
2005年、読書と創作の旅への誘い
~2005年文芸研究Ⅱ下原ゼミ受講希望の皆さんへ~
一年の計はゼミ選びにあり
2005年文芸研究Ⅱのゼミ受講を希望する皆さん、こんにちは!!気がつけば3月もすでに半ば。所沢に吹く秩父おろしの寒風にも春の気配を感じる季節となりました。桜花に彩られる文芸棟に花影を踏んで通う日までもうすぐです。
さて新学期まで、あとわずか。2005年の今年は、どんなことを目標に勉強をするのか、したいのか。実りある学生生活を送るには、授業の他に自分に合ったゼミ受講も、重要なターニングポイントのひとつです。一年間終えたときに「失敗した」と後悔しないように、しっかり検討してください。一年の計はガイダンスにありです。
___________________________________________________________________________________
ゼミ初日の下原ゼミガイダンスは、下記の要領で行う予定です

1. 2005年の下原ゼミについて・・・・・・・・読書と創作の旅
2. テキストについて・・・・・・・・・志賀直哉短編作品のこと
3. 「2005年、読書と創作の旅」日程・・・・・・前期授業計画
4. 提出原稿について・・・・・・ゼミ発表と「下原ゼミ通信」掲載
5. 講師自己紹介・・・・・テレビ使用可能ならビデオ観賞(日本テレビ番組「おんぼろ道場再建」2002年7月放映)
___________________________________________________________________________________
下原ゼミの目標
【年間目標】 読むこと、書きことを習慣化する。
(「下原ゼミ通信」で提出原稿を発表していく。)
【前期授業】志賀直哉の短編作品をテキストに観察力と想像力を培います。
【後期授業】新聞記事をテキストに批評眼を育てます。


___________________________________________________________________________________
土壌館 創作道場について
ホームページ「土壌館 創作道場」には、毎週発行の『下原ゼミ通信』や講演傍聴記事などを掲載しています。
土壌館とは何か
◎土壌館とは、ロシアの文豪ドストエフスキーが唱えた土壌主義と、文字通り大樹を育てる土壌にあやかって名づけたもの。
○土壌主義(土地主義)= 異なる二つのものを折衷し発展させる意。
同義語「東洋の道徳、西洋の芸術」(佐久間象山) 
「日本の柔術と西洋スポーツ」(嘉納治五郎)
土壌館創作道場は文章修業の場。土壌館下原道場は柔道修業の場。
土壌館創作道場
土壌館創作道場は文章修業の場です。決められた字数で自分の考えをどれだけ表せるか ― それも稽古のひとつです。
例・その1 知人の相談を500字にまとめる
 病院に通院している知人から相談したいことがあると云われた。手術をすると聞いていたので、てっきり病気のことかと思った。が、そうではなかった。「担当医に、お礼したいが、いくらぐらいあげたらいいのかわからない。そのことで悩んでいる」という話だった。私は、憤慨した。しかし、もし自分が病気だったらと思うと、どう返事してよいかわからなかった。そこで、この問題を決められた字数500字にまとめ新聞に投稿した。
投稿記事紹介

医師への金品 規制できぬか                               下原敏彦
 手術で入院する時、担当医への付け届けは何とかならないだろうか。先日、大学病院への入院を控えた知人から「執刀医に、いくらぐらい包んだらいいだろうか」と相談された。相場を教えてくれというのだ。
 入院費の中には手術代も含まれているはずだが、手術前に個人的に担当医に一封を渡す。そんな慣例があるという。礼状でいいのではと勧めたが、知人は「周りは皆そうしているから」と謝礼の必要性を説いた。むろん規定にはないことなので、受け取る医者と受け取らない医者がいるという。渡さないからといって、メスさばきに加減があるとも思えない。
 だが患者や家族の立場は弱い。普段は無用な事と思っていても、いざ患者の立場になると「一応、なにがしかの金品を手渡さねば」と腐心してしまうのだ。渡す側が悪いのか、受け取る側が悪いのか、人間の道義的基盤には限界がある。患者が安心して入院するために何らかの規制があればと思う。寄付金を断ったため入学できなかった受験生のニュースに、この国にはびこるあしき習慣を痛感する。ゼネコン汚職糾弾も政治改革も、我々一人ひとりが日常生活にある不条理を断っていかない限り、達成できないのではないか。
(1994年2月2日 朝日新聞「声」欄)

掲示板
ドストエーフスキイ全作品を読む会「読書会」
■ 月 日 : 2005年4月9日(土)
■ 時 間 : 午後2時~5時迄 開場は午後1時
■ 会 場 : 東京芸術劇場小会議室1 池袋西口
■ 作 品 : 『虐げられし人々』
■ 報告者 : 平哲夫氏&フリートーク
■ 会 費 : 1000円(学生500円)
詳細は、「下原ゼミ通信」編集室 下原まで ℡047-475-1582

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑