文芸研究Ⅲ 下原ゼミ通信 熊谷元一研究No.5

公開日: 

日本大学芸術学部文芸学科文芸研究Ⅲ下原ゼミ 2012年5月25日発行
文芸研究Ⅲ下原ゼミ通信
BUNGEIKENKYU Ⅲ SHIMOHARAZEMI TSUSHIN
熊谷元一研究No.5                                

編集発行人 下原敏彦

                              
4/13 4/20 4/27 5/11 5/18 5/25 6/1 6/8 6/15 6/22 6/29 7/6 7/20 (ゼミ4教室)
  
観察を記録する、観察を創作する
5・25下原ゼミ
5・25ゼミは以下の要領に添って行います。(ゼミ4教室)
 
1.ゼミ連絡、「ゼミ通信No.5」配布 5・18ゼミ報告(下原)   
2. ゼミ雑誌ガイダンスの報告(大野)ゼミ雑誌の構成を話し合う
3. 熊谷元一研究 写真批評・サローヤンの子ども時代創作の読み
4.自分の子ども時代の話を書く  創作かエッセイ「入学の日」のときの話
5・18ゼミ報告
 ゼミ雑誌構成計画(案)
 5・18ゼミは、ゼミ雑誌の構成について話し合った。岩澤君は、欠席だったが、ゼミ雑誌作成担当の大野君から構成・骨格案がだされた。以下、この日、出された材料。
・熊谷元一研究、・写真感想(こちらは1953年の時代)・20世紀末(1990年代の学校)、
・日記、・子どもの頃の創作、・エッセイ(大野君の小学校時代に書かれたもの)
・1950年時代と1990年代の教育現場の比較と検証(山村と教育メッカの子ども証言)
「熊谷元一研究」熊谷元一とは何かを発信
○熊谷元一考察(写真・年譜・etc) → 大野感想(『山脈はるかに』)
○熊谷元一研究の意義(東日本大震災・原発事故を見据えて、いまなぜ熊谷研究か) 
○1990年代の小学校教育現場 → 文集、日記、子供時代創作
○世界芸術線上の熊谷 → 米国作家・ウイリアム・サローヤンとの比較で立証。
○熊谷元一追悼番組 NHK長野放送制作
○1953年、長野県の山村の小学校教師と児童の記録 NHKドキュメンタリー
○1990年代、東京豊島区のある国立大学付属小学校児童の記録(日記・文集、写真)
○半世紀間の時間の流れ。山村と都会の教育の比較検証。
サローヤン『空中ブランコに乗った大胆な若者』の読み
 熊谷元一研究では、熊谷が世界の芸術線上に在する人間と仮定、同時代の米国作家サローヤンと比較考察をする。1950年代、山村の子どもたちを撮った熊谷。米国の農業地帯に育ち、子供時代を創作したサローヤン。その関連で代表作『空中ブランコ』を読んだ。


文芸研究Ⅲ・熊谷元一研究No.5 ――――――― 2 ――――――――――――――――
熊谷元一研究・その1 熊谷元一の生涯を知る
②  故郷・長野県下伊那郡会地村(現阿智村)
 「その人間は、何者か」を知るには、生涯の年譜を見ることである。が、その人物の本質を理解するには、出生地と生活した土地を知ることも必要といえる。
熊谷は、その生涯のなかで、およそ三ヶ所の土地に移り住み生活した。
 自伝『三足のわらじ』を参照すると右下の所でがそれである。
清瀬市野塩1-168に引っ越す。57歳のときである。以後、2010年11月6日101歳で亡くなるまで、この地で写真家・童画家として過ごす。
以上、熊谷が生涯にわたり移り住んだところを簡単に記した。だいたい二ヶ所で所は、長野県の山村と、東京の郊外である。生活した年月は、1909~1966(4年ほど東京在住)が山村。1966~2010が東京郊外。半々といえる。が、東京に住むようになっても故郷・会地村には定期的に帰省し、村の変貌を写真で記録しつづけた。2003年(平成15年)に出版した『写しつづけて69年 會地村―阿智村 昭和・平成』がそれである。
この写真集には、昭和11年~平成15年までに撮影された村の四季、村人の生活・行事などの写真、挿絵として熊谷の童画が集録されている。戦前に朝日新聞社から刊行された『會地村』を併せたものだが、ここで熊谷は、当時(1930年代の)會地村について、このように紹介している。
會地村(あふちむら)は長野県下伊那郡の西部にある。面積0・75方里、戸630余戸、人口3250余人に過ぎない小さな村だ。
四囲を山に囲まれたこの村は、約半数が養蚕と稲作とを営む農家で、他は農村を空いてとする小売商、手工業者、雇用労働者及び俸給生活者だ。
郡下の農村としては比較的文化程度の高い方であるが、別に模範村でも更生村でもない。
といって窮乏村と呼ばれる程逼迫もしていない。至極平凡な村だ。
――――――――――――――― 3 ―――――――― 文芸研究Ⅲ・熊谷元一研究No.5
 また、この写真集について当時の農林大臣・有馬頼寧がこのような序文を寄せている。
なお、原文は編集室にて、一部現代読み、現代漢字に訂正して掲載した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  序
                       農林大臣 伯爵 有馬頼寧
 時局下(じきょくか)に於ける農村の感激措く能(あた)はざる努力と、益々重要性を増すその地位とに対し、世人の認識の一層深からむことを望むの時、東京朝日新聞社に於いて農村記録写真「會地村」を刊行せらるることは真に喜ばしき企てとして感謝にたえない。
 写真は信州伊那谷の一農村の青年が、その村の環境を有りの儘に写した努力の結晶である。
 農村の機構、農業経営、農村生活等を、難しい統計に表した研究調査に比べて、ただちに何人にも分かり易いこの記録写真は、今まで試みられなかった得がたき作品として、撮影者及び之が犠牲的紹介に努力せられた東京朝日新聞社に対し、深く敬意を表する次第である。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 若干29歳の青年が二年間撮った故郷の村。その作品が認められ一冊写真集として出版され、遠くドイツでも高い評価を得た。絵描きを目指した青年に、新世界が開けた瞬間だった。
熊谷と會地村(阿智村)写真の軌跡
 故郷の村を撮りつづけた熊谷だが、その作品はこのようである。(村撮影の作品に限る)
□1934年(昭和 9年) 25歳 頼まれて村の「かかし」を撮る
□1937年(昭和12年) 28歳 「アサヒカメラ」2号に村の写真が載る。
□1938年(昭和13年) 29歳 朝日新聞社刊『會地村』
□1953年(昭和28年) 44歳 「かいこの村」岩波写真文庫
□1954年(昭和29年) 45歳 「農村の婦人」岩波写真文庫
□1955年(昭和30年) 46歳 「一年生」岩波写真文庫
□1975年(昭和50年) 66歳 「ある山村の昭和史――阿智村39年」信濃路
□1989年(平成元年)  80歳 『ふるさとの昭和史』岩波書店
□1994年(平成6年) 85歳『熊谷元一写真全集』全四巻 郷土出版「毎日出版文化賞」
□2003年(平成15年) 94歳 『写しつづけて69年』熊谷元一写真童画館
以上が、主だった村を撮った写真集である。
會地村 → 阿智村
熊谷が住んだ宿場町・會地村は、昭和28年町村合併促進法の施行により、会地・伍和・智里の三村が合併して昭和31年9月30日に阿智村となった。以後、熊谷の写真集題名は阿智村となる。ここで、特筆すべきは、熊谷の代表作『一年生』、日本の写真界の金字塔といっても過言ではないこの作品の子どもたちは、誕生したときが日本国憲法公布・実施の年でもある。名もなき山村だが、被写体の子どもたちは、新しい時代の人間でもあったのだ。
 この一年生にはナニカアル。そのことを知ってか、知らずか被写体にした熊谷に時代の記録者としての運と天賦の才を感じる。
文芸研究Ⅲ・熊谷研究No.5 ――――――― 4 ―――――――――――――――――
1950年、1990年代の一年生 参考資料集め
今回の『熊谷元一研究』は、代表作『一年生』をテーマとした。1953年、名もなき山村の子どもたちだが、40余年後の東京の一年生と比較考察することで、未来の学校教育の道標を模索したい。その研究推進のために資料集めをはじめる。
現在までの資料。1953年入学の子ども関連と1990年代の都会の子ども関連。
『一年生』岩波写真文庫  「こどもかけろよ ひのてるほうへ」一年生文集 一年生が描いた全員の絵  DVD「教え子たちの歳月」NHK DVD「知るしん 熊谷元一追悼」NHK長野 記念文集『五十歳になった一年生』(一年生のときの夢) 写真集『五十歳になった一年生』 記念文集『還暦になった一年生』 『山脈はるかに』 『伊那谷少年記』 『一年生の時戦争が始まった』、1990年代のこども文集、日記、写真
熊谷元一研究 その2 写真の感想と検証 その業績と功績
           
熊谷元一研究 その3 子どものときの思い出を創作・エッセイにする
「ひがんさの山」「コロスケのいた森」『山脈はるかに』など
※「ひがんさ」は平成17年、有名私立中学出題・四谷大塚
※「コロスケ」は平成21年埼玉県立公立高校入試出題 22年大阪府立高校入試出題
熊谷元一研究 その4 サローヤンと比較することで世界線上に発信
 熊谷元一と、ウイリアム・サローヤン。写真家と作家。この両者をなぜ考察するのか。
熊谷元一研究の目標・今、なぜ熊谷か
1.写真の記録から、原発のない時代を知る。当時と、今の生活を知る。
2.童画からは、子供の遊びを伝承する。3・11の災害で多くの人たちが避難所生活を余儀なくされた。半年後の救援物資が一段落したあと、いま一番欲しいものはと聞いたら「ゲームの玩具」と答えた人が多かったという。当時は、どんな遊びがあったのか。伝承で知る。
3.教育からは、実践教育を知る。一番は黒板絵の解放と記録。
掲示板
○ドストエフスキー全作品を読む会「読書会」のお知らせ
月 日 : 6月16日(土)
時 間 :  開場1時30分 はじまりは2時~5時
会 場 :  豊島区立勤労福祉会館第7会議室(6階)
作 品 :  「人妻と寝台の下の夫」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
編集室便り
① 課題原稿、メールでも可 下記アドレス
住所〒274-0825 船橋市前原西6-1-12-816 下原方
  メール: TEL・FAX:047-475-1582  toshihiko@shimohara.net
文芸研究Ⅲ下原ゼミ・ゼミ雑誌制作企画
熊谷元一研究・ゼミ雑誌構成(案)
毎回、話し合って編集方針を固めていく。
☆ゼミ雑誌、大きさ →
内容 → 20世紀半ばの一年生(学校教育の現場)1953年
    → 20世紀末の都会の一年生 1999年頃
目標 
☆表紙デザイン → 写真   絵  イラスト
最初の頁(案)
DVDから宮崎駿監督のシーン → 字幕付き
――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――――――――――――
☆熊谷元一研究の意義
原発問題、東日本大震災などで混迷の時代を踏まえて
熊谷の写真・童画・教育から新しい生き方を探るのが目的。
――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――――――――
☆1953年、被写体の子どもたち
一年生の写真と解説 
文集「こどもかけろよ ひのてるほうへ」
絵画 → 一年生のときに描いた絵
☆子どもたちの暮らしを描いたもの
『二ほんのかきの木』福音館  熊谷絵と文
創作「ひがんさの山」紹介・感想 出題・現代との差
創作「コロスケのいた森」50年前の子ども 埼玉・大阪
写真評、写真感想 大野  岩澤
――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――――――――
☆教師としての熊谷
黒板の解放 黒板絵を紹介
読売版画コンクール一位 1953年読売新聞社 合作
個人 → 第一回全日本学生美術展覧会入選
熊谷元一とは何か 熊谷と私 → ゼミ担当と熊谷の関係
追悼 清瀬市「おじいちゃん忘れない」 郷土誌『伊那』
朝日新聞「声」欄から4点
☆40年後、1990年代の一年生
東京 → 偏差値教育の中心地  写真
日記 文集 「私が子どもだつたとき」エッセイ・創作
☆1953年の一年生と1990年の一年生、比較考
山村と都会
都会における故郷の風景とは
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
熊谷元一とサローヤン
1908年  ウイリアム・サローヤン、米国カリフォルニア州の農業地帯フレスノで生まれ
る。アルメニアからの移民二世。
1909年 (熊谷元一、長野県伊那谷の山村で生まれる)
1934年 『空中ブランコに乗った大胆な若者』好評26歳 この年から6年間に何百という短編を書いた。まるでカメラのシャッターを押すように。
1938年 熊谷の朝日新聞社刊『會地村』好評、29歳 このときから山村を観察と記録
1953年 熊谷『一年生』の撮影開始
ウイリアム・サローヤンの邦訳出版されたもの
『君が人生の時』加藤道夫訳、中央公論社、1950年
『人間喜劇』小野稔訳、中部日本新聞社、1950年
『わが心高原に』倉橋健訳、中央公論社、1950年
『男』小暮義雄訳、ダヴィト社 1951年
『わが名はアラム』清水俊二訳、月曜書房、1951年(のちに晶文社)
『君が人生の楽しき時』金子哲郎訳、創芸社、1953年
『どこかで笑っている』清野陽一郎訳、ダヴィツト社、1954年
『サロイアン傑作集』末永国明訳、新鋭社、1954年
『笑うサム・心高原にあるもの』斉藤数衛・吉田三雄共訳、英宝社、1957年
『我が名はアラム』三浦朱門訳、角川文庫、1957年(のちに福武文庫所収)
『人間喜劇』小島信夫訳、研究社、1957年(のちに晶文社)
『わたし、ママが好き』古沢安二郎訳、新潮社、1957年
『サローヤン短編集』古沢安二郎訳、新潮文庫、1958年
『人生の午後のある日』大橋吉之輔訳、荒地出版社、1966年
『ウイリアム・サローヤン戯曲集』加藤道夫・倉橋健訳、早川書房、1969年
『ママ・アイラブユー』岸田京子・内藤誠訳、ガルダ、1978年(のちにブロンズ新社刊 新潮文庫所収)
『パパ・ユーアークレイジー』伊丹十三訳、ガルダ、1979年(のちにブロンズ新社刊、新潮文庫所収)
『ワン デイ イン ニューヨーク』今江祥智訳、ブロンズ新社、1983年(のちに新潮文庫所収)
『ディアベイビー』関汀子訳、ブロンズ新社、1984年(のちにちくま文庫所収)
『リトル チルドレン』吉田ルイ子訳、ブロンズ新社、1984年(のちにちくま文庫所収)
『ロック・ワグラム』内藤誠訳、新潮文庫、1990年
『ヒューマン・コメディ』関汀子訳、ちくま文庫、1993年
なぜ、二人か 『一年生』の写真と作品『我が名はアラム』
―――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――
写真家と作家 ――――――――――――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
文芸研究Ⅲ下原ゼミ「熊谷元一研究」            2012・5・25   
課題 自分の子ども時代の思い出(創作・エッセイ)         
                    名前
文芸研究Ⅲ下原ゼミ「熊谷元一研究」            2012・5・25   
課題 『ひがんさの山』感想         
                    名前

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑