文芸研究Ⅱ 下原ゼミ通信No.207

公開日: 

日本大学藝術学部文芸学科     2012年(平成24年)12月10日発行
文芸研究Ⅱ下原ゼミ通信No.207
BUNGEIKENKYU Ⅱ SHIMOHARAZEMI TSUSHIN
                              

編集発行人 下原敏彦

                              
9/24 10/1 10/15 10/22 10/29 11/12 11/19 11/26 12/3 12/10 
1/21 1/28
  
2012年、読書と創作の旅
12・10下原ゼミ
12月10日(月)の下原ゼミは、下記の要領で行います。文ゼミ2教室
1. ゼミ雑誌完成報告 石川編集長 各自の感想、振り返って
 2.  テキスト『范の犯罪』の読みと各自の判決とその理由
   
ゼミ雑誌『正体不Show time』完成 !!
 2012年度のゼミ雑誌『正体不Show time』が刊行、3日に届けられた。この日、参加の6名は、合同発表会の前に、インクのにおいがする新雑誌を手にとることができた。
梅津瑞樹  鞆津正紀  古谷麻依  志村成美  山野詩門  石川舞花
石川編集長、協力の編集委員のみなさん、ご苦労様でした !!
 半数の欠席者続出のなか、無事、納品日前に刊行することができてよかったです。ほぼ休まずゼミ参加した皆さん、ご苦労様でした。とくに転科の石川さんには、慣れぬ中、編集長という大役、本当に大変だったと思います。
が、ゼミ雑誌作成の苦労は、いつか必ず役に立ちます。
3ゼミ合同発表会
毎年恒例の3ゼミ合同発表会は、5時限目に3F教室でおこなわれました。それぞれのゼミの発表内容は、以下のものでした。
はじめに 山下聖美准教授の挨拶
□山下ゼミ 宮澤賢治の故郷、花巻の賢治会館を訪れた映像&「銀河鉄道の夜」感想
□清水ゼミ ドストエフスキー研究の報告&賢治童話「まなづるとダァリヤ」の寸劇
□下原ゼミ テキスト『灰色の月』朗読&『少年王者』紙芝居口演


演出・梅津瑞樹、出演・鞆津正紀、志村成美、古谷麻依、山野詩門
講評 清水正教授  下原敏彦講師
文芸研究Ⅱ下原ゼミ通信No.207 ―――――――― 2 ―――――――――――――
文芸研究Ⅱ「下原ゼミ通信」速報 
12月18日(火)NHKBS再放送 !!
1996年11月24日に放映されたドキュメンタリーをプレミアムアーカイブスで
『教え子たちの歳月 ~ 50歳になった一年生 ~ 』
16年前、NHKのドキュメンタリー番組「にっぽん点描」で放送された番組『教え子たちの歳月』が、12月18日(火)午前9時からBSプレミアム/BSデジタル(103)で再放送される。ゲスト・石坂浩二さん(俳優)
時を超えて、あの感動再び
1996年4月 ~ 9月
写真家・熊谷元一、50歳になった『一年生』を追って全国撮影行脚の旅へ
―――――――――――――――――― 3 ――――― 文芸研究Ⅱ下原ゼミNo.207
   
下原と熊谷元一(1990)
12・18再放送NHKプレミアムアーカイブス「教え子たちの歳月」
1953年(53,4・1~,54.3・31)撮影 2008年復刻版2刷 
作家赤瀬川源平セレクションで絶賛
1996年(平成8年)春、熊谷は、50歳になった「一年生」撮影の旅にでた
       50歳になった一年生の全国撮影行脚を前に
「教え子の一年生を写真に撮って44年になります。あのときの一年生も50歳になった。米寿を迎えた私の体もいまのうちはもちそうだし、どうかもういっぺん教え子を訪ねて写真を撮ったら教師としてやり残した教育を成し遂げられるような気持ちに、また写真としても大切な記録になるのではないかと思いました。」
(写真集『五十歳になった一年生』より)1996・4  熊谷元一(1909-2010)
文芸研究Ⅱ下原ゼミ通信No.207 ―――――――― 4 ―――――――――――――
後期ゼミ ゼミ誌作成 & 家族観察・模擬裁判を目指します
 9月24日 出席者 = 石川舞花、古谷麻依、志村成美、根本留加、山野詩門、
後藤啓介、梅津瑞樹 4月以来の8名でした。
            ゼミ誌原稿提出。100%近く、創作・車内観察
            課題1.「誘拐事件容疑者調書」
10月 1日 出席者 = 石川舞花、古谷麻依、志村成美、鞆津正紀、梅津瑞樹 5名
            ゼミ誌作成会議、番組表、レイアウトなど
            サバイバルゲーム「遭難、私ならどうする」個人と集団の場合
            発表と説明。内容は次号。
            課題1.提出→石川さん
10月15日 出席者 = 石川舞花、古谷麻依、志村成美、鞆津正紀、梅津瑞樹
            後藤啓介 6名
            ゼミ誌提出原稿合評6名分 部数について
10月22日 出席者 = 石川舞花、古谷麻依、志村成美、梅津瑞樹(司会進行)4名
           ゼミ誌作成報告、広島女児誘拐事件について
           テキスト『兒を盗む話』読み
10月29日 出席者 = 石川舞花、古谷麻依、志村成美、鞆津正紀 4名
           ゼミ誌作成報告 入稿近し。新聞「人生案内」自分ならを議論
           関連でO・ヘンリーの作品を読む。
11月12日 出席者 = 古谷麻依、志村成美、鞆津正紀、梅津瑞樹 4名
            ゼミ誌原稿校正、紙芝居「少年王者」口演・梅津瑞樹
11月19日 出席者 = 石川舞花、鞆津正紀 2名 ゼミ誌編集・校正作業
11月26日 出席者 = 石川舞花 紙芝居の材料確認、欠席者待ちと連絡
12月 3日 出席者 = 梅津瑞樹、石川舞花、古谷麻依、志村成美、鞆津正紀、山野詩門
            3ゼミ合同発表会 『灰色の月』朗読、紙芝居口演
           
・・・・・・・・・・・・・編集室便り・・・・・・・・・・・・・・
□住所〒274-0825 船橋市前原西6-1-12-816 下原方『下原ゼミ通信』編集室
  メール: TEL・FAX:047-475-1582  toshihiko@shimohara.net
25年度のお誘い   2013の江古田校舎・文芸研究Ⅲは下原ゼミ
         写真家「熊谷元一研究」を中心に故郷・子供時代を書く
創作 → 志賀直哉と下原の子ども時代を書いたものをテキストに、併せて米国作家サローヤンの『我が名はアラム』などを読み、自分の子ども時代の話を書いて発表する。
     ジュール・ルナールの『にんじん』をテキストに児童虐待について考える。
熊谷元一研究 → 写真家・熊谷の写真作品「一年生」を見ながら自分の一年生の頃を思い出しルポタージュする。郊外授業として熊谷の写真展を見に行き紀行文を書く。ちなみに2010年は山形県酒田市酒田美術館、2012年は秋田県角館「ぷかぷ館」花巻温泉、乳頭温泉に二泊三日した。最終目標は、長野県昼神温泉郷にある熊谷元一写真童画館の見学と研究発表。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑