文芸研究Ⅱ 下原ゼミ通信No.223

公開日: 

日本大学藝術学部文芸学科     2013年(平成25年)7月22日発行
文芸研究Ⅱ下原ゼミ通信No.223
BUNGEIKENKYU Ⅱ SHIMOHARAZEMI TSUSHIN
                             編集発行人 下原敏彦
                              
4/15 4/22 5/6 5/13 5/20 5/27 6/3 6/10 6/17 6/24 7/1  7/8
7/22
                 「2013年、読書と創作の旅」の皆さん
7・22下原ゼミ
 1.ゼミ合宿について ゼミ誌編集委員からの連絡
 2.課題報告・合評 テキスト『灰色の月』、ゼミ合宿を前に 他
 3. 前期ゼミを終えて 「書くこと・読むこと」
        
ゼミ2教室での前期ゼミ本日終了
 2013年、文芸研究Ⅱ下原ゼミは、本日7月22日、前期授業を終了します。(まだゼミ合宿がありますが、ゼミ2教室でのゼミは)、長期欠席者もなく、順調の旅でした。お疲れ様でした。
参加率は約80% (13日中平均11日)  提出課題総数45
 ゼミ前半の出席率は80%、平均出席数は11日と、高い出席率だった。皆勤の人もいた。課題提出も総数45と多かった。このことで、目標の一つ「書くこと」は習慣化されつつあるとの実感を得ている。
テキスト車内観察作品、予定通り前期でこなす
「読むこと」の習慣化として志賀直哉の車内作品をテキストに車内観察作品を読んできたが、ゼミ前期最終日に、予定していた志賀直哉作品の最後の社家内観察
熊谷元一研究も順調に
 「熊谷元一研究」は、シラバスには掲げなかったが、テーマの「観察と表現」と重なるところから併せて研究をすすめた。研究は後期も、引き続き行う。


文芸研究Ⅱ下原ゼミ通信No.223 ―――――――― 2 ―――――――――――――
2013年読書と創作の旅・前期旅日誌
4月15日 下原ゼミガイダンス10数名参加。「2013年、読書と創作の旅」を説明。
目標→「読むこと」「書くこと」の習慣化。テキストは、志賀直哉作品と併せて岩波写真文庫『一年生』(熊谷元一研究)。感触イマイチ。
旅参加希望者3名有り  齋藤真由香さん  加藤末奈さん  南海洋輔さん
(過去10年のゼミでは、最少。ちなみに昨年は11名いたが、皆勤・精勤は5名。不人気度、毎年加速を増している)
4月22日 旅立ち。参加=加藤、齋藤、南海 読むこと=嘉納治五郎「読書のススメ」「憲法九条」と「前文」、書くこと=第九条の感想。
ゼミ誌編集長=齋藤    ゼミ班長=南海
聴講生として、嶋津きよらさん参加を希望。旅姿4人衆、誕生。
5月 6日 参加=齋藤、嶋津 司会=齋藤 報告=尾道と志賀直哉 議論=憲法改正問題・アンケート 観察発表&合評=「車内観察」齋藤 
読み=テキスト『菜の花と小娘』 書く=『菜の花』感想 課題
 
5月13日 参加=加藤、齋藤、嶋津、南海 司会進行=嶋津 課題発表「社会観察」「車内観察」「テキスト感想」
 5月20日 参加=齋藤、嶋津、南海 司会進行=南海 社会観察「従軍慰安婦問題」
       課題発表「熊谷元一研究 思い出」読み『空中』、テキスト『夫婦』
 5月27日 参加=加藤、齋藤、嶋津、南海 司会進行=加藤 社会観察「母さん助けて詐欺」 課題提出評・南海「車内観察」齋藤「うたたね」
      【熊谷元一研究】子供時代=南海「はじめての一人登校」南海「コッペパン」
       齋藤「レイコ先生」南海「クラティ―」
      ※ゼミ誌ガイダンス報告=齋藤
 6月3日 参加=齋藤、嶋津、南海 司会進行=南海 「社会観察」柔道について、振り込め詐欺の記事 
課題=「車内観察」嶋津、南海。テキスト読み『網走まで』
  6月10日 参加=齋藤、嶋津、加藤 司会進行=嶋津 「社会観察」6月の事件簿
        課題合評、『網走まで』研究解説報告。
  6月17日 参加=加藤、齋藤、嶋津、南海 司会進行=加藤 ゼミ合宿結果報告
        少年A事件簿、校外授業について、標語応募について、新聞投書について
        課題報告合評(南海さん作品4点)『出来事』
  6月24日 参加=齋藤、嶋津、南海 司会進行=齋藤 郊外授業について、課題合評、文集「ひのてるほうへ」の感想、土壌館投書のススメ
―――――――――――――――――― 3 ――――― ☆文芸研究Ⅱ下原ゼミNo.223
  7月 1日 参加=加藤、齋藤、嶋津、南海 司会進行=南海 7・7郊外授業について
        課題合評、53年文集観察、テキスト『正義派』読み
  7月 5日 郊外授業 岩波写真文庫ギャラリートーク傍聴、芥川先生、下原 
        
  7月 7日 郊外授業 銀座・教文館9F岩波書店創業百年展見学 参加=齋藤、嶋津
        熊谷元一研究28会参加=戸塚、加古、田中、小川、原
  7月 8日 参加=齋藤、嶋津、南海 司会進行=嶋津、課題合評、課題読み、ゼミ合宿前哨「ドストエフスキーとギャンブル」読み
  7月22日
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
課題提出記録45(「書くこと」の習慣化)
     社会観察 車内・自分観察 テキスト 熊谷元一研究 参加(4/22~7/8)
齋藤真由香   1      4      1      6 12
加藤 未奈   2      1             2 9
南海洋輔    2      2      5      6 10
嶋津きよら          4      4      7 11
これまで読んだ作品13(「読むこと」の習慣化)
「嘉納治五郎『青年訓』」「日本国憲法」『菜の花と小娘』『空中ブランコに乗った大胆な青年』『夫婦』『網走まで』「網走までの解説」『出来事』「サンサシオン」「谷間に眠る者」「忘れた小曲」「新聞投書」『正義派』
7・8日ゼミ報告 課題報告・合評and 文集感想、ドストエフスキー関連
【課題報告】自分観察
嶋津きよら「嫌いということについて」合評(齋藤、南海)
「(このテーマ)しっかり考えたことがない」、「第一印象でみてしまう」「自分の内面をみることに勇気を感じる」「しっかり書けている」「テキスト『城の崎にて』」は、心境小説です。いのち観察」
【熊谷元一研究】岩波写真文庫『一年生』観察
嶋津きよら「雪とこども」合評(齋藤、南海)
「(雪をみると)子どもの頃はわくわくした。が、いまは、電車のことが心配になる」「(雪は年齢によって違うので)時間がたつのは哀しい」
文芸研究Ⅱ下原ゼミ通信No.223 ―――――――― 4 ――――――――――――
7・22課題被告  テキスト『正義派』について
南海洋輔        工夫の心を繊細に描いた名作
【作者の感想】
「夫車の話から材料を得て書いたもので、短編らしい短編として愛している」
正義派の〝派〟という字がこの作品を如実に物語っている。正義にたった一文字付け加えるだけで、ここまで胡散臭さを感じさせる志賀直哉。最小限で最大を物語る。私はこれを志賀直哉マジックと勝手に呼んでいる。
 線路に飛び出した一人の女の子を電車でひき殺してしまった運転手。作動するはずの救助網が作動せず、不可抗力で起こった人身事故。現場の監督はそれを「過失というより災難」と言って責任はないと主張するが、それに対して厳密な注意を怠らなければ事故は起きなかったと異を唱える三人の工夫たち。
 この工夫たちの間にはある感覚が共有されている。人の誤りを断罪するときのある種愉快な優越感とそれに伴う興奮。日頃厳しい労働環境で働かされている不満を正義というオブラートに包んでぶちまけたいという欲求である。だから警察で証人を終えた後も何となくすっきりしなくて、牛肉屋でまで大袈裟に事故の話をしたりする。
 しかし工夫たちも外で気持ちよく正義を振りかざしていきながら、心の内で「今自分たちがやっていることはどこか間違っているのではないか」と感づいていく。その〝どこか〟をつき進むうちに、どうしようもない無情に行き当たって泣いてしまう工夫たち。「正義派」は工夫の心を繊細に描いた名作だと思った。
 
□ 正義の難しさ複雑さがよく分析されています。
嶋津きよら    『正義派』感想・正義とは何か
 正義とは、なんだろうか。現代には「正義の味方」という概念は、ほぼない。正義の反対は悪である。弱い者に正義が味方すれば、それを虐げるモノは全て悪になった。しかし、それは「正義の味方」なくしてはありえない。何故ならば、人間が正義そのものになることはできないからだ。概念に沿った行動をしても、必ずしも完全な形で終わることはない。悪にも、彼らなりの正義があるからである。だから「正義の”味方”」という存在が成り立つのだ。この作品の題名は『正義派』である。”味方”ではなく”派”という表記から、登場人物たちの考えが浮かぶ。彼らはあくまで、正義に近い考えを持っている。良し悪しではなく、事実が大切だった。巡査や監督の嘘を許すまいとした告発には、正義の他に、けっして正しいと言うことのできぬ感情があったはずだ。普段の彼らの生活からすると、こうした場面で目立つことはあまりなかっただろう。正義を訴えることよりも、自分が注目される喜びの方が大きかったのではないだろうか。(そうすると『正義派』の意味がだんだん変わってくるように思う)
□ 「派」に着目して「正義とは何か」を解明。客観的に工夫たちを行為を捉えています。
※ 南海さん、嶋津さんの感想、両者とも洞察力のある批評となっています。
―――――――――――――――――― 5 ――――― 文芸研究Ⅱ下原ゼミNo.223
ゼミ雑誌について
 ゼミ授業の実質的成果は、ゼミ雑誌発行にあります。いろいろな問題が生じることもありますが、皆で協力してよい雑誌を作りましょう。刊行までの要領は、下記の通りです。
1. ゼミ雑誌編集委員は、齋藤真由香編集長
  編集委員=南海洋輔さん 加藤末奈さん 嶋津きよらさん(『熊谷元一』カタログ)
2. 6月末までの段階は 【①ゼミ誌発行申請書】を提出。完了
3. ゼミで話し合いながら雑誌の装丁を決めていく。
  仮題&「熊谷元一研究、内容は課題作品+創作作品
※「熊谷元一研究」は、課題を載せる。60年前の子どもたち、学校教育の様子から自分たちの子どものころの遊び・学校の暮らしを比較したもの。
4. 9月末 夏休み明け、創作原稿提出、課題作品選別
5. 10月上旬 印刷会社から【②見積書】をもらい料金を算出してもらう。
6.  10月~末日 編集委員は、印刷会社と、希望の装丁やレイアウトを相談しながら
   皆と協力して編集作業をすすめる。
7.  10月末までに、出版編集室に見積書を提出する。編集作業をすすめる。
8.  11月中旬までに印刷会社に原稿を入稿してください。
9.  12月6日(金)はゼミ誌納品期限です。厳守!!
10. 12月12日までに見本誌を出版編集室に提出してください。
11. 12月下旬までに印刷会社からの【③請求書】を出版編集室に提出してください。
注意事項!!
◎ ①【ゼミ誌発行申請書】、②【見積書】、③【請求書】以上3種類の書類が提出されない
  場合はゼミ誌の発行はできません。補助金の支払いも認められません。
◎ 予算金額は、ゼミ雑誌作成ガイダンスで発表される。
◎ 過去にゼミ雑誌の印刷を依頼したことのある主な印刷会社の連絡先は、文芸学科スタッ
  フまで問い合わせる。それ以外の印刷会社を利用したい場合は、必ず事前に学科ス
  タッフに相談すること。厳守。
◎ 外部(一般の人)と関係しない。(インタビュー、依頼原稿など)
『熊谷元一研究』カタログ誌
『熊谷元一研究』雑誌は、都合で今回に限り、土壌館(下原)扱いで刊行します。
嶋津きよらさんが編集・編纂を引き受けてくれましたのでお願いしました。齋藤さんと、相談し合ってすすめてくれれば幸いです。
見積書は、土壌館(下原)に提出してください。
・熊谷元一とは何か → マスメディアの資料 写真展、童画展
・熊谷元一の功績 → 写真・童画・教育における活動
・熊谷元一と一年生 → 岩波写真文庫『一年生』から 一年生の生活
・黒板絵と落書き → 黒板絵の紹介
・文集「こどもかけろよひのてるほうへ」の紹介(表紙)
・文集「五十歳になった一年生」の紹介(表紙)
文芸研究Ⅱ下原ゼミNo・223―――――――― 6 ―――――――――――――――
「熊谷元一研究」この「文集」から60年前の子どもの日常生活を知る
文集 こどもかけろよ ひのてるほうへ④
作成 熊谷元一(くまがいもといち)昭和29年(1954年)3月発行
みんながはじめて がっこうへ来たときは   まだ じはあまりかけなかった
それが 一がつき 二がっきと たつうちに  じもかけるようになり ぶんもつづれるようになった   ここにあつめたのは    みんなが一ねんのときにかいた
さくぶんです しずかに  おうちの人といっしょによんでみてください
             1594年(昭和29)熊谷元一
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いちにち
男の子
ぼくはきのう 学校からかえりました。うちにはいりました。ほいで「いってまいりました」と、いいました。そしたら、おかあさんがぼくに「おかえりなさい」と、いいました。ぼくはかばんをとりました。こたつにきました。おかあさんが にこにこしながら ぞうかをしておりました。ぼくはこたつにあたりました。おとうさんが「おひつのぜにをとうきしょにいってもらってこい」と、ゆったもんでいってきたら、ぜにを十えんくれました。
こんどは「うどんをかってきて くんな」ちゅうもんで、かってきてやりました。またこたつにあたりました。こんだ たけちゃが「あそばまい」っていいました。ぼくは「それじゃあしたやのうちへいって あそばまい」ちゅうたら「うん」といいました。
おばあさんが「尾夕にいくよ」と、いいました。ぼくは「それじゃ あばしまい」って いいました。そしておとこのおゆうに はいりました。おふろからでました。うちへかえるとき どきどきしました。 ふとんをしいて ねました。
□非農家の子どもの家庭での出来ごとが丁寧にかかれています。この時代、どのこも返事はよかったようです。
ゆきがっせん
女の子
 ゆきがっせんを きのうして あそびました。もりたのみっちゃと そりにのって あそんで かわりばんこになかよくのって あそびました。じょうやまにいって ゆきをかいてきてから うちにかえると はしの上で おにごっこをやって あそんでおったら くほんむらみっちゃがころんだもんで わたしがはらってやったら かんなといいました。それから はやしのくみちゃと せいはんにいって すとーぶにあたっておったら せいはんのしゅうが はいってきたので どいてやりました。そうして ちいっとあたったら でていったもんで またあたりました。
□ ゆきがふったたのしさが書かれています。
 ※毎号、紹介します。1953年、この時代の子どもたちは、どんな言葉づかいだったか。どんなことをして遊んでいたかなどに注目して読んで下さい
◆この文集観察から、推理・想像できること。家族、家庭環境
◆この文集から、自分の子ども時代との比較。
―――――――――――――――――― 7 ――――― 文芸研究Ⅱ下原ゼミNo.223
ゼミ合宿について
2013年文芸研究Ⅱの下原ゼミは、下記の要領でゼミ合宿を実施します。
ゼミ合宿参加者  齋藤真由香   嶋津きよら  南海洋輔
月 日 : 2013年8月2日(金) ~ 3日(土)
集 合 : JR軽井沢駅改札付近
時 間 : 午後1時00分 駅前レストランで昼食
       ↓
              
徒歩 20分 日本大学軽井沢施設
マラソン朗読会日程(2~3日)
                 
□  8月2日(金) 
集 合 : 午後3時 ロビー 準備体操
会 場 : 日本大学軽井沢施設会議室
スタート(第Ⅰ部) : 午後3時30 ~ 午後6時
夕 食・風呂    : 午後6時 ~ 8時
懇親会(茶会)   : 午後8時 ~ 9時
スタート(第二部) : 午後9時 ~ 10時55分
休憩時間(5分)   : 午前10時55分 ~ 11時
スタート(第三部) : 午前11時 ~ ゴール迄未明
□ 8月3日(土)
午前8時朝食  10時・茶会(反省会)  解散
 「読みはじめたら止まらない」それは真実か ?! 当時の若き詩人と作家の体験を再体験して検証するのが目的。世界文学最高峰の作品は『カラマーゾフ』なら世界一面白い作品は ? この本がそうだ ! と信じている。
 しかし、本当のところは読んでみなければわからない――ということでタイムスリップして1845年のロシア白夜のペテルブルグに降りてみます。 当時と現代では、小説の面白さは違うのか。中編小説を一晩で読み切って、大学生活の宝としましょう。
 この作品を読めば、世界は変わる、きみも変わる。それは本当か・・・・
文芸研究Ⅱ下原ゼミ通信No.223―――――――― 8 ―――――――――――――
夏休み映画おススメDVD 悲恋映画の決定版 
哀 愁 Waterloo Bridge
ヴィヴィアン・リー、ロバト・テーラー主演 監督マーヴィン・ルロイ
原作ロバート・E・シャーウッド 脚本S・N・ベールマン、ハンス・ラモー、ゲオルク・フレーシェル 音楽ハーバート・ストサート
「それでも、君を愛している ―― 」古典作品は、現代に通じるか ?
舞台は、第一次大戦下のロンドン>
英国将校クローニンとバレリーナのマイラは、出会い愛し合うが、クローニンは再び戦場へ。彼の帰りを待つマイラ。しかし、彼女に届いたのは、彼の「戦死」の知らせだった――。
戦火の下、運命のいたずらによって引き裂かれ、悲劇的な結末を迎える二人の恋物語。
ヴィヴアン・リ―とロバート・テイラーの世紀の美男・美女コンビの共演。そして、ハリウッドを代表する名匠マーヴィン・ルロイ監督のロマンテックムード溢れる演出で、恋愛映画のお手本として今なお、語りつがれる名作となっている。
夏休みおススメ読書 夏の夜は悲恋小説決定版を是非
翻訳小説
バルザック『谷間の百合』恋愛小説最高峰
トゥールの谷間に咲く一輪の百合の愛に世界が泣いた。
デュマ『椿姫』、オースティン『傲慢と偏見』ハッピーエンドの名作。
日本文学 この夏は、日本文学最高の、この作品を是非
☆ 佐藤春夫『田園の憂鬱』日本文学不朽の名作
いかなる作家も作品も、勝ことができない。その本がこれだ !
☆ 北條民雄『いのちの初夜』
☆ 石川達三『生きている兵隊』(中公文庫)創作ルポの名作
解説(半藤一利):虐殺があったと言われる南京攻略戦を描いたルポタージュ文学の傑作。四分の一ほど伏字削除されて、昭和13年『中央公論』に発表されたが、即日発売禁止となる。戦後刊行された完全復元版と一字一句対照し、傍線をつけて伏字部分を明示した伏字復元版。
あの戦争は、何だったのか。戦地最前線を見た作者が、検閲のなかで書いた創作ルポ。
課題 上記のどれかの感想を。読書感想か映画感想
・・・・・・・・・・・・・・・・編集室便り・・・・・・・・・・・・・・・・
□住所〒274-0825 船橋市前原西6-1-12-816 下原方『下原ゼミ通信』編集室
  メール: TEL・FAX:047-475-1582  toshihiko@shimohara.net
☆ 9月30日(月)第16回熊谷元一写真コンクール審査会
よい、夏休みを !! 体に気をつけて !!
課題29. 2013・7・22
「夏休み」観察・ゼミ合宿感想(メールなら224号掲載)
名前
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
課題30.テキスト感想 2013・7・22
最後の車内観察『灰色の月』を読んで(メールなら224号掲載)
名前
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑