文芸研究Ⅱ下原ゼミ通信No.74

公開日: 

日本大学芸術学部文芸学科     2007年(平成19年)1月 22日発行
文芸研究Ⅱ下原ゼミ通信No.74
BUNGEIKENKYU Ⅱ SHIMOHARAZEMI TSUSHIN
                              編集発行人 下原敏彦
                              
2006後期9/25 10/2 10/16 10/23 10/30 11/13 11/20 11/27 
     12/4 12/11 1/15 1/22 
  
2006年度、読書と創作の旅
1・22下原ゼミ
1月 22日(月)の下原ゼミは、下記の要領で行います。文ゼミ教室1
 1.ゼミ雑誌『Sensation』合評会
○猿渡公一作品、「朱色の電車」「緑の冷蔵庫」「青い舌」
○中川めぐみ作品、「車中小説」「虫歯のない縦社会へ」「君の友達」
          「メールの話」「飴の効用」
 ○高嶋 翔作品、「月河鉄道」詩編「『紙切れの声』9篇」
 ○大江彩乃作品、「片道電車」「ラピハピ」
 ○鈴木秀和作品、「百円玉」「辛酸なめ子」
 ○佐藤翔星作品、「老人と蝿」「願い星」
 ○神田奈都子作品、「貨物列車の夜」「洛神賦」
 2.江古田校舎での目標
 
3.写真記念撮影(場合によっては最初に) 
この一年、楽しい旅ができました。ありがとうございました
「読書と創作の旅」はつづく
 昨春、7人の旅人と「2006年、読書と創作の旅」に出た。個性ある面々。まとまりに不安を持った。が、杞憂だった。彼らは、すぐに打ち解けた。車窓には、イジメ、子殺しといった嫌な事件・出来事がつづいたが、車内は和気藹々だった。そして、一人の不明者も落伍者もださず本日1月22日無事、目的地に着くことができた。編集委員が苦労したゼミ雑誌も、完成して、こうして手の中にある。なかにはこの旅を退屈と感じた人もいたかも・・・が、「終わりよければ全てよし」。七人の皆さんと一年間、共に旅できたことをうれしく思います。ありがとうございました。
 しかし、皆さんには、この春から江古田校舎において、新しい旅がはじまります。「読書と創作の旅」は、まだまだつづきます。この旅で身につけた読むこと書くことの習慣化を役立たせてください。そして、この旅で得た仲間との友情を思い出してやってください。
 それでは「2006年、読書と創作の旅」を終わりにします。
                                  (編集室)


 
車窓雑記
観察と懐疑について
 
 書くことの基本は「観察」です。この信念を元に、前期・後期ともに、志賀直哉の車中作品をテキストにすすめてきました。身近なことをみる目「一日の記録」や、毎日乗車する電車で「車内観察」することで、その目的は、多少なりと培われたと思います。が、実はもう一つの基本があったことを、伝える時間がありませんでした。と、いうわけでもう一つの基本について、最後のススメにしたいと思います。
 書くこと描くことで重要なのは「観察」ですが、それ以前に忘れてならないのが「懐疑」です。「なぜ」「どうしてだろう」何事にも疑いの気持を抱くことが大切です。少し前になりますが、漫才の「なんでだろう」が流行りました。まさにアレです。例えば、「志賀直哉は小説の神様」といわれている。なぜ神様か。この謎は、容易に解けるものではありませんが、これからの長い人生のなかで挑戦してみてください。
 この一年、独善的に名作を紹介してきました。が、ロシアの文豪ドストエフスキーの作品紹介をする余裕がありませんでした。この作家の作品については、35年近く池袋・芸術劇場で読書会を開いているので、是非にという思いはあったのですが、できませんでした。一冊もできなかったのは残念といえば残念です。しかし、そう悔いる反面、これでよかったという思いもあります。なぜならドストエフスキーは、他者からススメられて読む本ではないからです。ドストエフスキーは、あくまでも自分で興味を持って読む本。が、なかには熱心に薦める人もいる。多くの作家も同様ですが、かって川端康成は、自分のところに訪ねてくる文学青年たちにこう言ったそうです。「とにかくドストエフスキーを読みなさい」。また詩人の萩原朔太郎は「私の神様」と崇めた。なぜ、川端や萩原はそんなことを思ったのか。他に人類が生んだ科学の天才アインシュタインは、こんな言葉を残している。
 ドストエフスキーは、どんな思想家が与えてくれるより多くのものを私に与えてくれる。ガウスよりも多くのものを与えてくれる。
 ガウス(1777-1855)といえばドイツの天才数学者、物理学者である。アインシュタインは、なぜドストエフスキーを天才数学者以上言ったのだろう。ここにも謎がある。この謎を解いてみたい人は、学生時代に挑戦してみてください。
 ドストエフスキー読者は多々いても、作品に対する想いや解釈は同じではありません。百人が読めば百人が違った感想を持つ。それがドストエフスキー作品の世界です。しかし、暗い、重い、くどい。そのうえ長いとくる作品群です。そんなところもあり実際は、なかなか他者に紹介できるものでもないのです。
 話が逸れましたが、このドストエフスキーが、他でもない「懐疑」の名人といえます。もしかして、この作家は宇宙人ではなかったのか。そう思われるほど、この作家は、大銀河のはずれにある太陽系のちっぽけな惑星に棲む人間という生き物に興味を持った最初の作家だった。それを証明する手紙がある。17歳のとき兄ミハイルに出した手紙である。
 人間と人生は、いかなる意義を有するか・・・人間とは秘密です。その秘密を解き明かさなければなりません。それを解き明かすのに生涯かかったとしても、時間を空費したとは言えません。ぼくはこの秘密に取り組んでいるのです。なぜなら、人間になりたいと思っているからです。1839年8月16日
 ドストエフスキーは、ロシアで最初の職業作家です。が、彼は、作家になろうと思って小説を書きはじめたのではない。上記の手紙のように人間の謎を解くために書きはじめたのです。そうして、「神」という謎につきあたった。存在しないのに存在しているかのように語られるもの。人間の脳のだけにしか棲んでいないもの。しかし、これが人間を支配している。人間は、神をめぐって殺し合い慰めあっている。「神」とは、一体なにか。ドストエフスキー文学は、神への「懐疑」でもある。懐疑と観察、ドストエフスキーに限らず、この二つが創作の基本ともいえるのではないでしょうか。(編集室)
―――――――――――――――――― 3 ―――――――文芸研究Ⅱ下原ゼミNo.74
2006年、読書と創作の旅・最終日
   1・22ゼミ
1月22日のゼミはゼミ雑誌『サンサシオン』の合評会を行います
1. 猿渡公一君の作品
・『朱色の電車』(車中小説)
 主人公は中年の教師。ある日、乗った電車。しかし、車内は何か変。おばあさんに座席を譲ることさえ、異常のことなのだ。離婚する娘のことを思い出していると、「不意にがくん」と電車が揺れた。途端に乗客たちが変わった。娘に似た女性。が、手首にはリストカットの痕が。私だけが止まった時間の中にいたのか。「青く長いねぎ」がポイントか。
・『緑の冷蔵庫』
 緑の冷蔵庫を愛してしまった私。そんな印象の作品である。離婚を決心した私の家に「一度離婚を味わった」父親が訪ねてくる。心配して来たのだろうが、たいした話もしないで父親は、羊かんを食べて帰ってゆく。離婚という人生の挫折。傷ついた父親と娘の心境小説ともいえる。よしもとばななの「キッチン」を思いだした。
・『青い舌』
 先の二作もそうだが、三作とも作者は「離婚」をテーマにしている。この作品は、離婚の朝、妻が荷造りをするのにいたたまれなくなって散歩にでた私の話。子供のころの思い出とブルーハワイ、そして離婚。この三つの出来事が「青い舌」として表されている。三作とも家庭の不幸を描いた作品だが、淡々としたものを感じる。現代の夫婦の関係か。
 
2.中川めぐみさんの作品
・『車中小説』(車中小説)
 少年と私、そんな題名が似合いそうな小品。夏のある午後、数人の乗客しかいない車内。乗り合わせた向かい座席の少年は、無心に輪ゴムで遊んでいる。有名私立中の生徒。私は、少年の心を観察しようと試みるが眠ってしまう。目覚めたとき「パチン」と痛み。
※「沿線上」は→「目線上」か
・『虫歯のない縦社会へ』
 奇妙な題名である。「僕が生まれて最初に覚えたことが、土下座でした」のっけのこの出だしから何かのパロディ作品と思った。が、そうでもないらしい。もしかして、そうかも知れないが・・・。縦社会という家庭に育った私の感想は?
・『君の友達』
 男友達が、唐突に「明日から女になる」付き合ってほしい。もし真顔で、そんなことを言い出したら、驚くより、笑ってしまうより、まず気味が悪い。が、僕は、それほど意外に思わないようだ。「僕」の方にその気があったのだろうか。頬の涙が気になります。
・『メールの話』
 オチが面白く思わず笑ってしまった。十分ネタになります。メールって怖いですね。
・『飴の効用』
 女子高校生の一日。友人、商店街、家族、「あたし」をとりまく様々な人や環境。飴をくれた二足歩行の狼は、世間の具現化か。作者の住む、下町が思い浮かぶ。
文芸研究Ⅱ下原ゼミNo.74 ―――――――― 4 ――――――――――――――――
3.高嶋 翔君の作品
・『月河鉄道』(車中小説)
 僕に、もう少し勇気があったら。でも、明日に夢がつなげる。心で好きだと思っていても、言動にできないロマンチックな若者の心象風景がよく描かれています。語りかける「か」の語尾が、作者の文の特徴となっている。
・『紙切れの声』-詩編ー
「TALK」「枳殻は散りつつ」「今」「ノックノックノック」「歪解」「ヘッドホーンミュージック」「UNCOLRED」「星を見遣る人」「金木犀」「物語」
 反復する語り、呼びかけ。やさしくロマンチストで傷つきやすい若者。ドストエフスキーの『白夜』をイメージ。孤独な都会のやまびこ詩人。そんな言葉が浮かびました。
4.大江彩乃さんの作品
・『片道電車』(車中小説)
 会社を辞める決心をして飛び乗った電車。一羽の蛾が窓外からガラスにへばりついていた。昆虫の中で一番嫌いな虫。が、私は、懸命にとまっている蛾に、いまの自分の境遇を重ねていく。電車の揺れで蛾はいなくなった。私のこれからの世界は・・・・。不安な、主人公の心境がよくあらわせています。創作ができています。
・『ラピハピ』
 はじめ、どんな意味だろう。題名に小首をかしげながら読みはじめた。小学6年生の男女グループが最後の夏休み宿題に作った性教育雑誌の題名。小学生が、と意表をつく作品。が、作者の年齢を思うと頷ける。性教育の必要が、さかんに叫ばれてきた年代にあたる。この地球には、二つの物質、生物がいる。プラスとマイナス、雄と雌である。この二つが交わることによって力が生まれ、生き物は草木であれ動物であれ、35億年もつづいてきた。受粉や受精は自然のこと本能のことだった。それがなぜ・・・一つには、HIV問題が起きたからに違いない。誰もが子供のころ密かに思った秘め事が公然となった。もう少し、前の時代だったら、結末は、高橋先生は学校からいなくなり、子どもたちは全員が叱られて、といったものになったかも。小中高で教師の性犯罪が増加している。狙われる子供たち。防止のために、子供たちのためのそんな雑誌が必要かも。
5.鈴木秀和君の作品
・『百円玉』(車中小説)
 「一日の記憶」や「車中観察」でも鋭いアイロニーと笑いを報告した作者。この作品でも、その才能が遺憾なく発揮している。OLの足の間に落ちている百円玉をめぐって、乗客たちのあいだに起こる視線の拾奪戦。滑稽な展開。些細な出来事も一編の小品にしてしまうところはチェーホフのようでもある。ドンドン作ってください。
・『辛酸なめ子』
 よくテレビでやっている漫才大会。面白くないネタもある。この作品は、遜色ない。すぐにでも使えそうなコント。ここでも作者の才能を感じます。これから観察力を磨いて沢山書いてください。注文としては、ブラックユーモアーに人情ものをからめたもの。辛酸なめ子の題は、ちょっと冗談が過ぎているような気がする。「おかしなクリニック」とか、そんな題の方がぴったりするかも
―――――――――――――――――― 5 ――――― 文芸研究Ⅱ下原ゼミNo.74
6.佐藤翔星君の作品
・『老人と蝿』(車中作品)
 小春日和とも思える昼下がりの車内。私は、退屈しのぎに目前のうたた寝老人を観察しはじめた。手に持つ新聞、しみのあるズボン、「細いテグス」のような涎。そして、一匹の小蝿。私の観察は、サーカスの曲芸を見る観客のように夢中になる。老人のうたた寝、蠅のダンスがしっかり観察された佳品。光景がリアルに伝わってきます。
・『願い星』
 ウルトラマンならぬ「グレートマン」ドラマの脚本。特撮を目標とする作者の本領発揮。作品は、地球防衛隊の隊員だがグレートマンに変身できる西幸太郎と足の不自由な少年との交流物語。作者は、怪獣ものや円谷プロのウルトラマンなどに興味を持っていて、昨年の夏は、そんな映画作品の裏方を手伝ったと聞いた。『願い星』いい響きです。
7.神田奈都子さんの作品
・『貨物列車の夜』(車中小説)
 貨物列車というのは、トローチを詰め込んだ喉のことらしい。車内でうっかりトローチを丸飲みしてしまった私の悪戦苦闘ぶりが、面白く描けています。そうなんです。男はみんなエロものに興味があって、女の人はみんな美容ものに関心があるのです。人間って、ほんとに変な生き物です。
・『洛神賦』
 曹操や袁紹と聞けば思い浮かぶのは『三国志』の世界である。この物語は、そのあとの時代、あの英雄たちの息子。袁紹の息子袁熙と曹操の息子曹丕の時代の話である。袁熙の奥方甄洛は美貌ゆえに曹丕に奪いとられるが、彼の弟で詩人の曹植と相思相愛になる。といってもお互い打ち明けたことはない。禁断の恋に苦しむ甄洛。美しい義姉を慕う義弟。家族内のタブーを歴史劇に転じて描いた力作。題材は、最後の詩編からか。
総評
 どの作品も作者それぞれの個性がでていてよかったと思いました。猿渡作品の修羅場のない夫婦破綻劇。性別がわからなくなった現代をあらわしているような複雑だが、ちょっぴりセンチの中川作品。出会い系だの合コンだの男女間は直接であからさまになってしまった現代。そんな狂乱をはるか離れて、一人ビル間の月を仰ぐ最後のロマンチェスト高嶋作品。目標は爆笑問題。次期総理のポストを狙って観察するコントが冴える鈴木作品。バルタン星人もギドラも吹き飛ばし、特撮街道まっしぐらの佐藤作品。最近、髪を切って年下の女の子に変身したが、心は町田の姐御、大江作品。中島敦ばりに中国歴史恋愛劇に挑戦した、越後の神田作品。どれもしっかり読みきれる作品でした。
 ものを書くということは、あくまでも他者に読んでもらうということです。作者一人よがりのことが多々あります。その点からみても、どの作品も客観性があったと思います。面白く読めました。あとは、どんどん書くことです。
 今後の皆さんの、更なる健筆に期待します。
話題
 紙芝居『少年王者』は、まだ決まっていませんが、映されるとすれば2月27日頃だと思います。そのときはHP「土壌館」でお知らせします。
文芸研究Ⅱ下原ゼミNo.74―――――――― 6 ――――――――――――――――
2006年、読書と創作の旅
1・15ゼミ報告
 1・15のラス前ゼミは、以下の通りでした。
ゼミ雑誌『Sensation』刊行!!
 ゼミ雑誌『サンサシオン』が完成した。学校に着くとゼミ誌編集室担当の先生が「ゼミ誌着いています。可愛らしい本ですね」と、2冊を手渡された。淡い若草色の表紙。やわらかな陽射しがそそぐ春の野を連想しました。やさしくいい感じの本でした。
司会は、猿渡公一さんが
 司会は、猿渡君が担当しました。出席者6名でした。
1.ゼミ誌編集にあって
 ゼミ雑誌の編集作業について編集委員から「印刷会社との交渉が、最後までうまくゆかなかった」との感想報告がありました。が、こうして刊行されました。なにはともあれ万々歳です。ご苦労さまでした!
 相手方も、はじめてのゼミ誌製本ということで、不慣れだったようです。毎年、ゼミ誌を担当している会社だったら、作業は楽だったでしょう。しかし、勉強にはならなかったと思います。本をつくるには、どんなところをを注意したらよいのか、十分に学習できたと思います。編集委員の人、手伝われた人、ありがとうございました。
 
2.ゼミ教材に関する二の報告
 ゼミでとりあげた教材が他所でも、取り上げられるかもしれません。
一つは、前期、最後に読んだ『ひがんさの山』が、学習シリーズの国語テストの問題に採用されました。ゼミでは、方言や、現代との生活の違いに戸惑いがありました。
 二つ目は、後期、稽古をしてきた手作り紙芝居『少年王者』をテレビ制作会社に貸し出しました。2月下旬(27日?)NHKBSハイビジョンの番組で使われるかも?
3.『にんじん』最終読み
 後期は家族間の問題、とくに母親と自分との関係を描いた『にんじん』をとりあげたが、時間的に尻切れトンボになりそうなので、終盤3篇を読んだ。「自分の考え」「反抗」「終わりのことば」。「にんじん」の思っていることが、そのままでてしまった小品。
 一見、ユーモラスに思えた、『にんじん』だが、最終篇を読んだ皆の感想は、「後味の悪い作品」となってしまったようだ。総じれば、この作品は、虐待の物語だったのか?救いはないのか・・・・。夫を恐れ、長男、長女に気を使う母親は、「にんじん」にあたって自分の精神の均衡をはかっていた。と、するとこの作品は「にんじん」残酷物語でもあるが「母親」残酷物語でもある。もしかすると「にんじん」は、この母を愛していたのかも知れない。二人の間には、オイディプス的感情があった。角度、立場を変えると、様々な読みのできる作品である。サセット・モームは、『にんじん』の作者ジュール・ルナールについて「想像力にとぼしい人間」だと批評したらしいが、この点にかんしては、モームも見誤ったとみる。『にんじん』にみる闇と子育ての問題は、どこまでも深く、難しい。今日、連日のように起きている、家庭や教育現場での事件・出来事がそれを証明している。ルナールは、人類永遠
―――――――――――――――――――― 7 ――――文芸研究Ⅱ下原ゼミNo.74
のテーマを書いたのだ。最終篇は、それを教えてくれている。
4.最近の家族事件について
 最近の家族間事件について、渋谷の歯科医師の兄の妹バラバラ事件は、ゼミの皆さんと同年齢とはいえ、あまりにショッキング過ぎて、感想はなかった。思うにこの家族は「透明な存在」に支配された家族だった。そんな気がしてならない。「透明の存在」とは、「ねばならない」という悪魔にとり憑かれた人たちである。「酒を飲まなければならない」「ギャンブルをやらなければならない」「体重を減らさなければならない」「とじこもらなければならない」「ゲームをやらなければ」「人を殺さなければならない」「歯医者にならなければならない」この魔物は、どんな些細なな欲望にも、スキあればとりつき、その人の人生を狂わす。ときには国家や民族までをも危うくする。戦前の日本は八紘一宇、大東亜共栄圏という悪魔に国民全員がとり憑かれてしまった。あの五人家族の歯科医師一家にも、それぞれちがった「透明の存在」が棲みついていたに違いないと想像する。
 この「透明の存在」に打ち勝つには、科学でも医学でもない。いまは、この魔物を追い出すには「観察」以外に手段はない。歯科一家に誰かそんな目を持つ人がいたら・・・・である。あの『にんじん』一家においても、誰か一人でも観察する目をもっていたら、ルピック夫人の長年の虐待は止められた。にんじんの鬱屈した精神に光を当てることができたはず。
 
5. アルフォス・ドーデー(1840-1897)『最後の授業』読み
 
 ゼミも残すところ後、2回となったので、ドーデーの「最後の授業」を読んだ。1870年9月4日、フランスはドイツ統一プロイセンの首相ビスマルクに敗れた。ナポレオン3世はセダン城で降伏した。国境のアルザス地域は、プロイセンに併合されることに。日本もかって同じようなことをしたので、現在、靖国問題となって尾を引いている。
 普仏戦争の結果、フランスが負けてアルザス地方の村はプロシアの兵隊であふれた。併合がはじまったのだ。が、この国家の危機も子供たちにはわからない。しかし、学校へ行って、はじめて少年は実感する。なんと国語だったフランス語が、明日からはドイツ語になるというのだ。少年は、フランス語の「最後の授業」を受ける。
 普仏戦争とは何か、HPで検索すると、下記のように記してある。
普仏戦争1870年~1871年
プロイセンとフランス間で行なわれた戦争。スペイン国王選出問題をめぐる両国間の紛争を契機として開戦。プロイセン側が圧倒的に優勢でナポレオン3世はセダンで包囲され、1870年9月2日同地で降伏、退位。パリでは共和制の国防政府が樹立され抗戦を続けたが、1871年パリを開城して敗戦。フランスはフランクフルト条約でアルザス・ロレーヌ(アルザス・ロレーヌ地方)の大部分を割譲、賠償金50億フランを支払った。戦争終結直前の1871年1月8日、プロイセン王・ヴィルヘルム1世がベルサイユ宮殿でドイツ皇帝に即位し、ドイツ統一が達成された。
プロイセン・フランス戦争、独仏戦争とも。
 「最後の授業」は、ドーデーが1873年に出した短編集『月曜物語』のなかの一編。パリの新聞に掲載(1871-1873)されたなかの一つ。敗戦国の悲哀と愛国心を描いた名作。
普仏戦争とモーパッサン
 戦争は、いつの時代でも悲惨で忌むべき出来事である。が、不幸な中に幸いを見つけるとすれば、この戦争を材料にした、多くの名作が生まれたことである。短篇の名手ギ・ド・モーパッサン(1850-1893)もそうした作品を書いた一人である。
 1870年7月14日プロシャとフランスは領土拡張の衝突から戦端を開いた。当時20歳だったモーパッサンは招集され、つぶさに戦争を観察した。そして、後年、数々の短篇を書いた。いずれも名作である。いまも世界文学においてモーパッサンの右に出る短篇作家はいない。モーパッサンの出世作『脂肪の塊』は、あまりにも有名だが、このときの戦争体験であ
文芸研究Ⅱ下原ゼミNo.74――――――――8 ―――――――――――――――――
る。授業でとりあげようとした「二人の友」の他、「母親」「狂女」「フィフィ嬢」なども傑作である。
      2006年、読書と創作の旅
ゼミ感想
猿渡公一 「書くことの習慣化ができた。小説を多く書いた。」
鈴木秀和 「はじめテキストを朗読するのに驚いた。が、この方法に慣れると面白いと思っ
      た。楽しかった。」
高嶋 翔 「ゼミ雑誌が刊行されてよかった。電車に乗ると他の乗客に目がいくようになっ
      た。いつも車中観察を考えるようになった。」
中川めぐみ 「紙芝居が楽しかった。」
大江彩乃 「詩や小説、沢山読めたような気がした。」
神田奈都子 「ゼミ誌の刊行が遅れたのは私のせいかも・・・」
下原敏彦 「よく他の先生から下原ゼミの学生は、みんな素直で真面目でいいね。と羨ま
      しがられる。能天気に、みんな同じかと思っていた。2学年は、20前後とい
      うことで、大人になりかけ、授業しずらいこともあるらしい。が、下原ゼミは
      皆、出席率も提出率もよかった。いまになっていい学生にめぐり会えた、運が
      よかった、と喜んでいる。感謝している。ありがとうございました。」
 皆さんは、これから江古田校舎での学生生活、そして卒業の後は様々な人生が待っています。挫折もあるでしょう。夢かなわぬときもあるかも知れません。そんなときは、こんな言葉があったことを思い出してください。
わたしは、苦しみ、絶望し、そして死を知った。そして、わたしはこの偉大な世界にいることをよろこぶ 
        『タゴール詩選』宮本正清訳「迷える小鳥」ターゴール(1861-1941)
 では、「2006年、読書と創作の旅」を解散します。皆さん!さようなら!!
掲示板
ドストエフスキー関連
■ドストエーフスキイ全作品を読む会第220回「読書会」
月 日 : 2007年2月10日土曜日 午後2時00分~4時45分
会 場 : 東京芸術劇場小会議室7
報告者 : 未定 作品『鰐』
■ドストエーフスキイの全作品を読む会第221回「読書会」
月 日 : 2007年4月14日土曜日 午後2時00分~4時45分
会 場 : 東京芸術劇場小会議室7
報告者 : 未定
題 目 : 未定
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
編集室便り
☆課題原稿、社会評、創作など歓迎します。下記の郵便住所かメール先に送ってください。
「下原ゼミ通信」編集室の住所〒274-0825 船橋市前原西6-1-12-816 下原方
  メール: TEL・FAX:047-475-1582  toshihiko@shimohara.net
☆本通信はHP「土壌館」に掲載されています。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑