文芸研究Ⅱ 下原ゼミ通信No.292

公開日: 

日本大学藝術学部文芸学科     2016年(平成28年)6月20日発行

 

文芸研究下原ゼミ通信No.292

 

BUNGEIKENKYU Ⅱ SHIMOHARAZEMI TSUSHIN

編集発行人 下原敏彦

4/11 4/18 4/25 5/9 5/16 5/23 5/30 6/6 6/13 6/20 6/27 7/4 7/11

熊谷元一研究&テキスト作品(志賀直哉他)

 

2016年読書と創作の旅

 

6・20下原ゼミ

 

 

ゼミ誌 B5版、百頁内(写真あり)

執筆者 浦上透子  鈴木優作  須川藍加

目次

☆下原ゼミ課題「読み」「書く」達成に向けて

 

提出課題・・・・「車内観察」「感想」「思い出」

 

☆熊谷元一研究(観察と継続に学ぶ)

ふるさと伊那谷の旅ルポ(合宿)

熊谷元一写真童画館見学感想・・・

満蒙開拓平和記念館見学感想・・・

熊谷元一感想(写真・童画・教育)DVD

 

☆自由作品 創作・エッセイ 他

 

印刷会社 → 推薦 新生社

ゼミ誌(案)

 

 

日本大学藝術学部文芸学科

文芸研究Ⅱ下原ゼミ

 

熊谷元一研究

No.3

2016

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【6・20ゼミ】   テキスト読み& 熊谷元一研究(映像で読む熊谷元一)

 

テキスト読み → 志賀直哉観察作品

 

熊谷元一研究 → 熊谷元一の教育 (戦後70年特集から「黒板絵は残った」)

 

2015年5月20日、長野朝日放送テレビ、64年前の熊谷元一の教育所沢校舎撮影、

撮影 → 63年前の黒板絵、所沢校舎

 

インタビュー → 清水正教授・下原

 

授業風景撮影 → ゼミ2教室

文芸研究Ⅱ下原ゼミ通信No.292 ―――――――― 2 ―――――――――――――

 

課題報告 6・6配布 書くことの習慣化をめざして

 

テーマ1. テキスト感想「空中ブランコに乗った大胆な青年」

 

浦上透子        現代の日本でも同じことが…

 

青年が不幸だったとは思わないけど、社会からはみだした若者が最低限生きることすら許されない世の中なんてつまらないと思った。

現代の日本でも同じことが起こっているかもしれないと思うとちょっとくやしい気持ちになる。

 

□昔、無職の若者といえば文学青年が相場だった。現代は、派遣社員、フリーター、といっても文学青年は連想しないようだ。

 

テーマ2. 日常観察「車内観察」毎日利用する電車

 

浦上透子      通学路線

 

私の家の最寄駅はJR中央線の藤野という駅である。通勤時間以外はたいてい6両の青い線の入った電車がくる。たまに立川行きもあるが、ほとんどが高尾行きである。藤野から高尾までは2駅しかないのだけど、15分くらいかかる。特急待ちとかがあると30分弱かかったりもする。電車がシカを轢いたり、倒木したり、行きが降ったら竹が倒れてきたりして、なにかとおくれがちである。高尾につくと、快速に乗り換える。特快とか通勤快速とかの時もある。なんにせよ、快速以外は西国分寺に止らないので、また立川でのりかえる。

とにかく西国分寺まで行き、そこから武蔵野線である。そこから3駅、東所沢でおりる。さらに駅からバスに15分ほどゆられると、大学につく。

 

□乗りかえが多いのですね。ご苦労さま。

 

土壌館日誌

 

6月19日 晴れ 8時半に道場に。温度26度、暑くなりそうだ。玄関前の道路に雑草がはえているのを見つける。この季節、雑草はすぐ生えてくる。つい最近、とったばかりなのに、コンクリートの隙間からしっかり育っている。いわゆるど根性雑草。ひっぱっても、ちぎれて根がなかなかとれない。ハサミの先を突くこんで切り取った。中1の男子がくる。一番のり。骨折した人差し指、だいぶ治ったので、筋力体操に参加したいとのこと。話していると小3の男子が父親とくる。父親は、師範代。辻村先生に代わってやってもらっている。つづいて小6女子。見学者の母と男の子3人。4年生の男の子が習いたいとのこと。運動は、苦手とのこと。大学生A 君もみえる。中1の柔道部の男子も。一般の門下生Tさんくる。先般、取材撮影された記事、雑誌に載ったといって、その写真集もらった。『月刊 秘伝え』、1冊もらう。Tさん空気投げ研究家として紹介されていた。

 

 

 

 

 

―――――――――――――――――― 3 ―――――文芸研究Ⅱ下原ゼミNo.292

 

熊谷元一研究

 

 

毎日小学生新聞

 

 

文芸研究Ⅱ下原ゼミ通信No.292 ―――――――― 4 ―――――――――――――

 

 

 

熊谷元一写真童画館 2003年11月25日発行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

―――――――――――――――――― 5 ―――――文芸研究Ⅱ下原ゼミNo.292

 

2016年 ゼミⅡ・ゼミⅢ合同ゼミ合宿について

 

参加予定(6/6現在)浦上透子、鈴木優作、聴講生(2名)、漆畑一真(Ⅲ)、松崎茂樹(Ⅲ)

4~5名、引率他で6~7名を予定

 

行き先 長野県下伊那郡阿智村昼神温泉郷

交 通 新宿から中央高速バス4時間15分 新宿→双葉(休憩)→伊賀良→阿智村

宿 泊 昼神温泉郷村営旅館「鶴巻荘」

目 的 熊谷元一の故郷(『一年生』の撮影現場)を訪る。駒場の宿場見学。

熊谷元一写真童画館を見学

満蒙開拓平和記念館を見学

その他 阿智村を撮る(写真賞コンクール応募作品 テーマ「阿智村)

村宣伝の星空日本一を観賞

 

二泊三日の場合は、上記に加え古典の里で古典文学散策を行います。内容は

 

・帚木(ははきぎ)館見学 源氏物語の第二巻にでてくる木(ヒノキ)

・月見堂(薬師堂)月を観るのに格好な場所。

・万葉集防人歌碑(神坂神社)

 

実施日 8月30日(火)~31日(水)~9月1日(木)、の場合

 

火曜日、満蒙開拓平和記念館、熊谷元一写真童画館共に休刊日なので見学は2日目からにします。

旅日程計画(案)

 

【1日目】駒場宿散策 星空見物

 

AM9:00新宿発(高速バス)→双葉休憩15分 → PM1:00伊賀良下車

伊賀良(移動・マイクロ)→PM1:30昼食→熊谷元一が撮った村を歩く。駒場の宿場町散策。→PM5:30昼神温泉郷宿入浴・夕食

夜7:30 車移動→ロープウェイ→ヘブンス園原「日本一星空見物」→宿、就寝

 

【2日目】熊谷元一写真童画館見学 古典の里・箒木館見学

 

AM6:00温泉朝市見物、足湯 地元特産。AM8:00朝食 AM9:30熊谷元一写真童画館見学→車移動→園原の里・パークランドで昼食(名物五平餅)→古典文学の里散策→宿・鶴巻荘

 

【3日目】満蒙開拓平和記念館見学 長岳寺 りんごの里

 

M6:00温泉朝市見物、足湯 地元特産。AM8:00朝食→10:00満蒙開拓平和記念館見学→長岳寺→自由行動3:00集合→16:19高速バス→PM8:30新宿解散

文芸研究Ⅱ下原ゼミ通信No.292 ―――――――― 6 ―――――――――――――

 

熊谷元一 出版された主な本と童画・写真展他

 

1925年(17歳)「信濃時事」にはじめて絵が載る

1931年(22歳)小野川公会堂で漫画「へへののもへじ社」展開催

1932年(23歳)『コドモノクニ』5月号に漫画「ねぎぼうず」

1933年(24歳)『コドモノクニ』2月号に漫画「すもう」寄稿第1作

1934年(25歳)『幼稚園』『幼年の友』『幼児エホン』に童画発表

借りたカメラで「かかし」を撮る。写真第1作

1936年(27歳)板垣鷹穂『芸術界の基調と時潮』の「グラフの社会性」に感銘、『学校エホン』に修身の絵、個人絵本第1作

1937年(28歳)『ふるさとの唄』秀文社

1938年(29歳)写真集『會地村』朝日新聞社

1942年(33歳)絵本『ヤマノムラ』教養社

1943年(34歳)絵本『あの村この村』博文館、『ヨイコノムラ』農文協

1944年(35歳)『かひこの村』二葉書店

1946年(37歳)『伊那谷の菓子』出版

1953年(44歳)岩波写真文庫『かいこの村』岩波書店

1954年(45歳)岩波写真文庫『農村の婦人』、共著『村の婦人生活』新評論社

1955年(46歳)岩波写真文庫『一年生』、第一回毎日写真賞受賞

1961年(52歳)『みつこちゃんのむら』福音館、『農家の四季』家の光協会

1963年(54歳)東京銀座画廊にて「伊那谷のわらべ唄絵展」

1966年(57歳)『わらべうた』出版、東京清瀬市に転移

1967年(58歳)伊那谷を描く第一冊『伊賀良』秀文社

1968年(59歳)『むらの写真先生』家の光、『二ほんのかきのき』福音館

1969年(60歳)『はっぱときのみ』福音館

1970年(61歳)『たなばたまつり』福音館

1973年(64歳)『かいこ』福音館 飯田市で個展開催 NHKドキュメンタ

リー番組「阿智村――ある山村昭和史」協力8月放映

童画集『てんしんらんまん』

1975年(66歳)『ある山村の昭和史――阿智村39年』信濃路

1976年(67歳)清瀬の自然を守る会会長に就任 ハルミ画廊にて画展

1979年(70歳)『伊那谷の菓子』出版、

1980年(71歳)『たこたこあがれ』福音館、『虫封じ』

1982年(73歳)『伊那谷の草木』共著(次男忠夫と)、『むらの碑』

1983年(74歳)『信濃わらへうた』アリス館、『いろり』農協絵本

1984年(75歳)『もらい風呂』農協絵本

1986年(77歳)新宿小西ギャラリーにて「教え子たちの歳月」展

清瀬市博物館にて「清瀬の365日写真」展

1986年(77歳)『むらの祭り』農協絵本

1988年(79歳)長野・昼神温泉に「ふるさと童画写真館」開館

清瀬市博物館にて「清瀬の写真1000日行」展

1989年(80歳)『ふるさとの昭和史』岩波書店、清瀬市博物館にて「阿智村

を描いて写して60年」展

1990年(81歳)日本写真協会功労賞受賞

1991年(82歳)『うちじゅうみんなカボチャいろ』昭和21年教え子

1992年(83歳)画集『熊谷元一の世界』郷土出版、千代田区のJCII

フォトサロンにて「一年生とその後」展

―――――――――――――――――― 7 ―――――文芸研究Ⅱ下原ゼミNo.292

 

 

1993年(84歳)長野県阿智村の名誉村民となる、『村の一年』弘文社、長野

県文化功労賞受領

1994年(85歳)『熊谷元一写真全集 全四巻』郷土出版社、毎日出版文化賞

受賞、地域文化功労者・文部大臣賞受賞、『思い出の駒場』

1995年(86歳)第二回「信毎賞」受賞

1996年(87歳)長野・阿智村「農村記録写真の村」宣言

1997年(88歳)『日本の写真家17 熊谷元一』岩波書店

1998年(89歳)阿智村「熊谷元一写真コンクール第一回」実施

1999年(90歳)「昭和なつかし王国展」(「一年生」)各地で展示、『清瀬の

365日』清瀬市郷土博物館

2000年(91歳)「近くてなつかしい昭和展」江戸東京博物館

2001年(92歳)『なつかしの一年生』河出書房新社、『五十歳になった一年

生』(熊谷元一と一年生の会)

2002年(93歳)『三足のわらじ』南信州出版局

2003年(94歳)『写しつづけて69年 會地村―昭和・平成』写真童画館

2005年(96歳)『一年生のとき戦争が始まった』(昭和21年教え子)農文協

『じいちゃんの子どものころ』冨山房インターナショナル

2006年(97歳)『じいちゃんの子どものころ』第53回産経児童文化賞受賞

2007年(98歳)『熊谷元一写真コンクール10周年 入賞・入選作品集』

岩波写真文庫・復刻版『一年生 ある小学教師の記録』

『じいちゃんの子どものころのえ』新葉社

『子ども世界の原風景 コドモノクニは何処いった』新葉社

2008年(99歳)『信州 昭和の原風景』(白寿記念写真集)一草舎

2010年(101歳)『還暦になった一年生』(熊谷元一と一年生)東京プライズ

エージェンシー、東京清瀬市にて没、101歳

 

 

文芸研究Ⅱ下原ゼミ通信No.292―――――――― 8 ―――――――――――――

 

掲示板

 

 

読書会お知らせ ドストエーフスキイ全作品を読む会「読書会」

 

月 日 8月13日(土)       時 間 2時00分~4時45分

会 場 東京芸術劇場小7会議室    作 品 『白痴』5回目 ゼミ生0円

 

課題8について 6月20日配布

 

テーマ1.社会観察「記憶に残ったニュース」

テーマ2、熊谷元一研究『いやな思い出』注射の写真感想

テーマ3.自分観察「6月のある日」

ゼミⅡ記録

 

□4月11日ガイダンス6名 DVD NHK長野放送「熊谷元一追悼番組」

□4月18日 浦上透子さん 音読「恩師の告白」ゼミ合宿について 満州国について

□4月25日 鈴木優作さん 音読「恩師の告白」満州・子ども時代の遊びについて

□5月9日 浦上さん、鈴木さん、「個人の完成」「多読と精読」『菜の花と小娘』読む。

高橋さんに写真撮ってもらう。

□5月16日 浦上さん 鈴木さん DVD「オンボロ道場再建」観賞。

□5月23日 浦上さん、鈴木さん(須川さん課題配布)サローヤン『空中ぶらんこ』

『網走まで』『夫婦』の読み

□5月30日 熊谷元一研究 DVD「教え子たちの歳月」観賞。

20年前制作、45分番組だが、撮影全時間は35時間、撮影期刊間5月~10月

□6月6日 ゼミ合宿話し合い 『網走まで』考察(本通信) 『三四郎』読み

□6月13日 浦上さん テキスト読み(ジュナール)ゼミ誌について

□6月20日

 

―――――――――――――――――― 編集室 ――――――――――――――――

 

〒274-0825 船橋市前原西6-1-12-816 下原ゼミ編通信・編集室

メール:toshihiko@shimohara.net 携帯 090-2764-6052 ℡047-475-1582 下原

19回熊谷元一写真賞コンクール募集 2016年のテーマは「阿智村」・「祝う」です。

 

テーマ「阿智村」は、阿智村に来て、阿智村を撮ってください。風景、行事何でも可。

テーマ「祝う」は、どんな祝い事でも。「祝い事」ならなんでも。

 

締め切りは、2016年8月末 選考会は同年9月末東京で最終選考会 授賞式11月

 

 

 

 

 

 

6・20ゼミⅡ課題

 

テーマ1社会観察「記憶に残ったニュース」

 

どんなニュースを覚えていますか。

 

名前

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

 

6・20課題ゼミⅡ

 

テーマ2 熊谷元一研究「嫌な思い出」

 

 

 

名前

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

6・6課題ゼミⅡ

テーマ3 自分観察「6月のある日」

 

名前

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑