文芸研究Ⅱ 下原ゼミ通信No.293

公開日: 

日本大学藝術学部文芸学科     2016年(平成28年)6月27日発行

 

文芸研究下原ゼミ通信No.293

 

BUNGEIKENKYU Ⅱ SHIMOHARAZEMI TSUSHIN

編集発行人 下原敏彦

4/11 4/18 4/25 5/9 5/16 5/23 5/30 6/6 6/13 6/20 6/27 7/4 7/11

熊谷元一研究&テキスト作品(志賀直哉他)

 

2016年読書と創作の旅

 

6・27下原ゼミ

 

 

ゼミ誌 B5版、百頁内(写真あり)

執筆者 浦上透子  鈴木優作  須川藍加

目次

☆下原ゼミ課題「読み」「書く」達成に向けて

 

提出課題・・・・「車内観察」「感想」「思い出」

 

☆熊谷元一研究(観察と継続に学ぶ)

ふるさと伊那谷の旅ルポ(合宿)

熊谷元一写真童画館見学感想・・・

満蒙開拓平和記念館見学感想・・・

熊谷元一感想(写真・童画・教育)DVD

 

☆自由作品 創作・エッセイ 他

 

印刷会社 → 推薦 新生社

ゼミ誌(案)

 

 

日本大学藝術学部文芸学科

文芸研究Ⅱ下原ゼミ

 

熊谷元一研究

No.3

2016

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【社会観察】   英国「EU離脱」!! 国民投票で世界が驚く

 

まさか?!嘘から出た誠とはこのことか。欧州連合(EU)に残留すべきか離脱すべきかイギリスは国民投票したが6月24日その結果が確定した。なんと僅差で離脱派が勝利したのだ。

残留1614万1241票 離脱1741万742票である。自身の不祥事(パナマ文書)隠しや政党内の紛争をなんとかしようと国民投票を実施したキャメロン首相の判断は、民主主義政治の陥穽にはまった。落ちた穴、そこが深いか浅いか誰にもわからないのが恐ろしい。

重大な問題を多数決で決める。一見公平に、平等に思えるが、民主主義の禁じ手である。日本も憲法改正という大きな問題を抱えている。国民投票で護憲・改憲を決めるという声もあるが、今回のイギリスがお手本となりそうだ。

規模は小さいが3,4十年前、長野県の県境にある村が、隣り県の県庁が近く便利なので隣りの県に移りたいといいだした。歴史的に由緒のある村だったが、村民投票を行った結果、僅差で離脱組が勝った。今は、どう思っているだろうか・・・。

文芸研究Ⅱ下原ゼミ通信No.293 ―――――――― 2 ―――――――――――――

 

提出課題報告

【社会観察】

 

課題 テーマ・二つの違った意見の投書を読んで

「自民草案 平和守る決意ない」「安保法反対派は現実を直視して」

2016年4月18日 朝日新聞「声」欄

 

須川藍加     時代によって変えていくものなのかな…

 

これ(上記題の投書)を見ると、たしかにって思う。今の憲法だとガチガチすぎるし、時代によって変えていくものなのかなって。でも、アメリカのいいなりになるのも違うと思う。私にはベストな答えを考える余力もなければ、頭もないので、この問題を考えるのは放棄します。

□ちゃんとしっかり考えていますよ。

 

課題 テーマ・日米安保について

須川藍加        ほんとは駐留してほしくない

 

アメリカ、都合いいなって思います。でも、その施設によって沖縄の雇用が支えられてるのも事実で、雇用のこととかを何も考えないんであれば、ほんとは駐留してほしくないです。でも、私が何言っても変わんないので、考えたくない問題です。

 

□ひとり1人の意見は大切ですよ。大河も一滴からはじまります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【車内観察】

 

課題 テーマ・ある日の車内

 

須川藍加    じいちゃんの匂い

 

今日も電車に乗りました。松戸で降りた女の子の白い民族衣装みたいなワンピースがかわいいなーと思って見てました。北千住から乗って来たおじさんは、じいちゃんのにおいがして、すごくすごくじいちゃんに会いたくなりました。明日か明後日、チャリ漕いで会いにいこ。ばあちゃんの好きなチーズタルト買って会いにいこ。

 

□かわいがってもらったんですね。孫はかわいいです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

―――――――――――――――――― 3 ―――――文芸研究Ⅱ下原ゼミNo.293

 

【熊谷元一研究】

 

課題 テーマ・どんな先生を覚えていますか

 

須川藍加     イマイチ分からないセンスだったけど

 

私は、高校の時の先生と塾の先生が好きです。高校の先生は3年間担任をしてもらいました。顔がデカくて服もイマイチ分からないセンスだったけど、理不尽なことを言わないので好きでした。

 

□見た目ではなかったんですね。

 

課題 テーマ・学校での遊び

 

《休み時間》

 

浦上透子(Ⅱ)  ドロケイと缶けり

 

ひたすらドロケイとか缶けりをやっていた記憶がある。校庭に木がたくさん植えられていて、それに登ったりもした。

 

《校庭で》

 

浦上透子(Ⅱ)  鉄棒の思い出

 

小学校高学年の時、鉄棒をしていて手の平の皮がペロンとむけたことがある。

 

《放課後》

 

浦上透子(Ⅱ)    井の頭公園での戦い

 

井の頭公園の川でザリガニをつっていた。同じ暮らすの人たちが二つに分裂し、公園内でかなり激しい領地争いをしていた。長期化した戦いだった。皆本気だったのに学校では休戦状態だったのが、今考えると不思議だ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【社会観察】

 

課題 テーマ・2016年上半期、記憶に残ったこと

 

浦上透子(Ⅱ)    家の近所に熊がでたこと

 

□高尾山の近くですよね?!餌がないのでしょうか。 熊も大変ですね。

文芸研究Ⅱ下原ゼミ通信No.293 ―――――――― 4 ―――――――――――――

 

2016年 ゼミⅡゼミ合宿について

 

参加予定(6/27現在)浦上透子、鈴木優作、聴講生(2名)

4名、他2名で6名を予定

 

行き先 長野県下伊那郡阿智村昼神温泉郷

交 通 新宿から中央高速バス4時間15分 新宿→双葉(休憩)→伊賀良→阿智村

宿 泊 昼神温泉郷村営旅館「鶴巻荘」

目 的 熊谷元一の故郷(『一年生』の撮影現場)。駒場の宿場・生家見学。

熊谷元一写真童画館を見学

満蒙開拓平和記念館を見学

その他 阿智村を撮る(写真賞コンクール応募作品 テーマ「阿智村)

村宣伝の星空日本一を観賞

 

二泊三日の場合は、上記に加え古典の里で古典文学散策を行います。内容は

 

・帚木(ははきぎ)館見学 源氏物語の第二巻にでてくる木(ヒノキ)

・月見堂(薬師堂)月を観るのに格好な場所。

・万葉集防人歌碑(神坂神社)

 

実施日 8月30日(火)~31日(水)~9月1日(木)、の場合

 

火曜日、満蒙開拓平和記念館、熊谷元一写真童画館共に休刊日なので見学は2日目からにします。

旅日程計画(案)

 

【1日目】駒場宿散策 星空見物

 

AM9:00新宿発(高速バス)→双葉休憩15分 → PM1:00伊賀良下車

伊賀良(移動・マイクロ)→PM1:30昼食→熊谷元一が撮った村を歩く。駒場の宿場町散策。→PM5:30昼神温泉郷宿入浴・夕食

夜7:30 車移動→ロープウェイ→ヘブンス園原「日本一星空見物」→宿、就寝

 

【2日目】熊谷元一写真童画館見学 古典の里・箒木館見学

 

AM6:00温泉朝市見物、足湯 地元特産。AM8:00朝食 AM9:30熊谷元一写真童画館見学→車移動→園原の里・パークランドで昼食(名物五平餅)→古典文学の里散策→宿・鶴巻荘

 

【3日目】満蒙開拓平和記念館見学 長岳寺 りんごの里・お土産店

 

M6:00温泉朝市見物、足湯 地元特産。AM8:00朝食→10:00満蒙開拓平和記念館見学→長岳寺→自由行動3:00集合→16:19高速バス→PM8:30新宿解散

―――――――――――――――――― 5 ―――――文芸研究Ⅱ下原ゼミNo.293

 

熊谷元一研究・間連(満蒙開拓平和記念)案内

 

☆歌集出版を祝して

 

〈2016年度 国際文化部「FICオープンセミナー」〉

 

満蒙開拓の歴史から受け継ぐもの

 

――歌集『伊那の谷びと』の小林勝人さんに聞く――

 

◆日時 : 2016年7月9日(土)15:00~18:00

 

◆会場 : 法政大学市ヶ谷キャンパスボアソナードタワー3階 0300教室

※交通=JRまたは地下鉄の「市ヶ谷駅」「飯田橋駅」から徒歩約10分

 

◆内容 : 小林勝人さんの語り 聞き手 高柳俊男教授

 

□主催 法政大学国際文化学部 学部事務03-3264-9345

 

※どなたでも参加できます。無料 事前申し込みは不要です。

 

《歌集から》

 

牛がせしその温き糞に裸足を入れ冬の満州生き延びし孤児

ふたつの国ふたつの母を語り呉れる卆寿過ぎたる帰国婦人は

この事実いまの児たちに話さねばならぬと語り部つえつきて来る

村を分け新天地へと渡満させし母村も合併の波に呑まれる

 

スタディ・ジャパン(SJ)国内研修

 

法政大学国際文化学部では、留学生に日本を多方面的に認識してもらうことを主目的に、2012年度から長野県南部の飯田・下伊那地方で「スタディ・ジャパン(SJ)国内研修」を実施しています。

SJ国内研修では、この地域のかつての外国や異民族との関係、国際化の現状と展望などが学ぶべき主要テーマの一つですが、その中には当地にとつて欠かせない満蒙開拓も含まれています。研修のなかで例年お世話になっている小林勝人さん(歌会始入選者)が昨年、『伊那の谷びと』を上梓しました。飯田日中友好協会や満蒙平和記念館に関わってきた経歴を反映して、満蒙開拓や中国帰国者について詠んだ歌が全編を貫いています。

満蒙開拓という「負の歴史」を直視し、それをプラスへ変えようとする営みに学びつつ、研修地である飯田・下伊那地区の過去・現在・未来を、より掘り下げて考える場になればと思います。

 

信濃毎日新聞』2016.3.20 短歌で伝える満蒙開拓 中国帰国者らの話を題材に

文芸研究Ⅱ下原ゼミ通信No.293 ―――――――― 6 ―――――――――――――

 

熊谷元一研究・写真展 1953年4月~1954年3月熊谷が撮った写真紹介

 

 

写真1. まだかな…校長先生の話

 

 

写真2. もう、限界だ

 

―――――――――――――――――― 7 ―――――文芸研究Ⅱ下原ゼミNo.293

 

 

写真3. 母親たちは、何をしているのでしょう。

 

 

 

写真4. 高学年になると一人前だ。田植え前の田んぼづくり

 

文芸研究Ⅱ下原ゼミ通信No.293―――――――― 8 ―――――――――――――

 

掲示板

 

 

読書会お知らせ ドストエーフスキイ全作品を読む会「読書会」

 

月 日 8月13日(土)       時 間 2時00分~4時45分

会 場 東京芸術劇場小7会議室    作 品 『白痴』5回目 ゼミ生0円

 

課題9について 6月27日配布

 

テーマ1. 社会観察「英国EU離脱」 2. テキスト感想「出来事」

テーマ3、熊谷元一研究 通信掲載1~4迄の写真感想

テーマ4. 自分観察「なんでもない一日」

 

ゼミⅡ記録

 

□4月11日ガイダンス6名 DVD NHK長野放送「熊谷元一追悼番組」

□4月18日 浦上透子さん 音読「恩師の告白」ゼミ合宿について 満州国について

□4月25日 鈴木優作さん 音読「恩師の告白」満州・子ども時代の遊びについて

□5月9日 浦上さん、鈴木さん、「個人の完成」「多読と精読」『菜の花と小娘』読む。

高橋さんに写真撮ってもらう。

□5月16日 浦上さん 鈴木さん DVD「オンボロ道場再建」観賞。

□5月23日 浦上さん、鈴木さん(須川さん課題配布)サローヤン『空中ぶらんこ』

『網走まで』『夫婦』の読み

□5月30日 熊谷元一研究 DVD「教え子たちの歳月」観賞。

20年前制作、45分番組だが、撮影全時間は35時間、撮影期刊間5月~10月

□6月6日 ゼミ合宿話し合い 『網走まで』考察(本通信) 『三四郎』読み

□6月13日 浦上さん テキスト読み(ジュナール)ゼミ誌について

□6月20日 浦上さん、鈴木さん、DVD観賞(熊谷の教育)テキスト読み『出来事』

 

 

―――――――――――――――――― 編集室 ――――――――――――――――

 

〒274-0825 船橋市前原西6-1-12-816 下原ゼミ編通信・編集室

メール:toshihiko@shimohara.net 携帯 090-2764-6052 ℡047-475-1582 下原

19回熊谷元一写真賞コンクール募集 2016年のテーマは「阿智村」・「祝う」です。

 

テーマ「阿智村」は、阿智村に来て、阿智村を撮ってください。風景、行事何でも可。

テーマ「祝う」は、どんな祝い事でも。「祝い事」ならなんでも。

 

締め切りは、2016年8月末 選考会は同年9月末東京で最終選考会 授賞式11月

 

 

 

 

6・27ゼミⅡ課題

 

テーマ1 社会観察「英国EU離脱ニュース」

 

名前

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

テーマ2. テキスト感想

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

 

 

6・27 課題ゼミⅡ

 

テーマ3 熊谷元一研究 通信掲載1~4写真コメント

 

名前

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

1「まだかな」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

2「もう限界」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

  1. 母親たちは何を?

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

  1. 高学年になると一人前

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

 

 

 

 

 

6・27 課題ゼミⅡ

 

テーマ4 自分観察「なんでもない一日」

 

名前

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑