文芸研究Ⅱ 下原ゼミ通信No.294

公開日: 

日本大学藝術学部文芸学科     2016年(平成28年)7月4日発行

 

文芸研究下原ゼミ通信No.294

 

BUNGEIKENKYU Ⅱ SHIMOHARAZEMI TSUSHIN

編集発行人 下原敏彦

4/11 4/18 4/25 5/9 5/16 5/23 5/30 6/6 6/13 6/20 6/27 7/4 7/11

熊谷元一研究&テキスト作品(志賀直哉他)

 

2016年読書と創作の旅

 

7・4下原ゼミ

 

 

  1.  連絡、ゼミ誌、ゼミ合宿の件の話

決まれば「鶴巻荘」に予約

 

  1.  提出課題の報告 浦上さんの分

 

  1.  テキスト読み

 

志賀直哉『兒を盗む話』 下原「子どもの頃のある一日」

本日のゼミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社会観察・7月3日の新聞

 

7月3日日曜日の新聞(朝日・読売)をみた。各新聞の見出しはこのようになっていた。

 

【朝日新聞】1面

バングラ日本人7人死亡 人質 男性5人女性2人 死者計20人 日本人1人救出

IS系メディア「殺害した」 政府 外務副大臣ら現地派遣

 

【読売新聞】1面

テロ 日本人7人死亡 治安部隊13人救出 日本人男性銃撃でけが

首相「強い憤り」

 

この一週間、英国のEU離脱、参院選、都知事選候補、そのあいだに目黒区の老女バラバラ殺人事件など大小さまざまな出来事、事件があったが、またしても起きたテロ、それも日本人が巻き込まれたイスラム過激派のテロ事件で、7月最初の日曜日の朝日・読売の両新聞は、この記事で一色となった。いつの時代になっても、どんなに文明がすすんでも一向になくならない紛争、飢餓、格差。「地球は、地殻から中心まで、人間の涙でびしょぬれになっている」というのがドストエフスキーの小説のモチーフだが、残念ながら、その主題は、いつになってもなくならない。犯罪者は「神は偉大なり!」と叫ぶらしいが、イワン(『カラマーゾフの兄弟』)のいうように神などいない、神などいらない世界である。

文芸研究Ⅱ下原ゼミ通信No.294 ―――――――― 2 ―――――――――――――

 

課題報告 書くことの習慣化をめざして

 

【熊谷元一研究】

 

テーマ 「嫌な思い出」

 

浦上透子

 

中3の終わりに、家族でカナダに行った。その時、何故か4、5日現地の高校に行くことになり嫌々通っていたのだけど、3日目あたりで朝起きたときにもう絶対行かないと決めて泣きわめいた。

その日は、家と学校の途中にある繁華街を1人ふらふらして帰った。一生、カナダには行くまいと思った。5年後、また行った。やっぱり良い思い出はあんまりない。

 

□そうですか…。昔「カナダからの手紙」たしか、そんな歌がヒットして若い人はカナダにあこがれた。そんこともあったような気がしますが…嫌なこと多かったんですね。

 

テーマ 自分観察「6月のある日」

 

浦上透子      思えば遠くに

 

朝、大学へ行こうと駅へ行って反対方向の電車に乗った。途中、駅の立ち食いそば屋でうどんを食べて、またどんどん下って甲府まで行った。2時間くらいかかった。ホームで40分くらい待ってやっときた高尾行きに乗って帰った。

 

□ん?!甲府まで…甲府盆地、緑の絨毯、南アルプス、この季節、気持ちいいですね。

 

テーマ 社会観察「記憶に残ったニュース」

 

浦上透子  英国EU離脱

 

□離脱はキャンセルか。

 

土壌館日誌・なんでもない1日

 

6月30日 木曜日 団塊世代の一日

 

〆切が、今日だった図書新聞の書評原稿、なんとか書き終え送信。ほっとした。大学時代の友人が書道展に出展したというので、同期の皆に呼びかけ家内と見に行った。乃木坂にある国立新美術館は、昨年きたことがあるので、迷わずに着けた。1階はかなり賑わっていた。お年寄り、それも女性の集団が多かった。ルノアール展が開かれていたせいである。友人の書道展は3階で、かなり広かったが閑散としていた。集まったのは夫婦が二組、自営の友人1名、計7名。書道の鑑賞といえば聞こえはいいが、実際は、皆、他に行くところがないのが真相。折角なので、4時過ぎ原宿にでて、居酒屋に入った。日暮里、新大久保にいた同期に電話するとくるという。合流して9人。8時半までいた。かくて大学時代の同期、団塊世代のなんでもない一日はくれた。

―――――――――――――――――― 3 ―――――文芸研究Ⅱ下原ゼミNo.294

 

 

ゼミ誌 B5版、百頁内(写真あり)

執筆者 浦上透子  鈴木優作  須川藍加

目次

☆下原ゼミ課題「読み」「書く」達成に向けて

 

提出課題・・・・「車内観察」「感想」「思い出」

 

☆熊谷元一研究(観察と継続に学ぶ)

ふるさと伊那谷の旅ルポ(合宿)

熊谷元一写真童画館見学感想・・・

満蒙開拓平和記念館見学感想・・・

熊谷元一感想(写真・童画・教育)DVD

 

☆自由作品 創作・エッセイ 他

 

印刷会社 → 推薦 新生社

ゼミ誌(案)

 

 

日本大学藝術学部文芸学科

文芸研究Ⅱ下原ゼミ

 

熊谷元一研究

No.3

2016

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下原ゼミ 40+10

 

ゼミの目的について→個人の完成(285号)下原 1

 

ゼミの目標 「読むこと」「書くこと」の習慣化を目指す(285)下原 13

読むこと→嘉納治五郎の「精読と多毒」転載(285)嘉納 3

テキスト読み→志賀直哉『菜の花と小娘』『網走まで』『出来事』『夫婦』

→下原『恩師の告白』サローヤン『空中ブランコ』漱石『三四郎』

ジュナール『にんじん』葉山嘉樹『セメント樽の中の手紙』石川達三『生きている兵隊』10

課題報告→テーマ「ふるさと」「愛読書」「社会観察」「なんでもない一日」など5

自由創作→浦上、鈴木、須川、下原20

 

熊谷元一研究 40+5

 

映像で読む熊谷元一DVD観賞「NHK教え子たちの歳月」新聞記事転載

「NHK熊谷元一追悼番組」新聞記事転載

「長野朝日 熊谷元一の教育(黒板絵)」転載

「教え子たちの歳月」感想→鈴木、浦上、須川、下原(新聞)

『一年生』の写真評・コメント→「コッペパン」「さくら」「教室」など

ルポ・熊谷元一の故郷を訪ねて(熊谷の生家のある宿場町を歩く)→鈴木、浦上

熊谷元一写真童画館を見学して→鈴木、浦上5

満蒙開拓平和記念館を見学して→鈴木、浦上5

写真と熊谷元一→下原夏休み中に書く10

熊谷元一新しい資料→岩波書店桑原氏提供、黒板絵『文藝春秋』2

文芸研究Ⅱ下原ゼミ通信No.294 ―――――――― 4 ―――――――――――――

 

2016年 ゼミⅡ・ゼミⅢ合同ゼミ合宿について

 

参加予定(6/6現在)浦上透子、鈴木優作、聴講生(2名)、漆畑一真(Ⅲ)、松崎茂樹(Ⅲ)

4~5名、引率他で6~7名を予定

 

行き先 長野県下伊那郡阿智村昼神温泉郷

交 通 新宿から中央高速バス4時間15分 新宿→双葉(休憩)→伊賀良→阿智村

宿 泊 昼神温泉郷村営旅館「鶴巻荘」

目 的 熊谷元一の故郷(『一年生』の撮影現場)を訪る。駒場の宿場見学。

熊谷元一写真童画館を見学

満蒙開拓平和記念館を見学

その他 阿智村を撮る(写真賞コンクール応募作品 テーマ「阿智村)

村宣伝の星空日本一を観賞

 

二泊三日の場合は、上記に加え古典の里で古典文学散策を行います。内容は

 

・帚木(ははきぎ)館見学 源氏物語の第二巻にでてくる木(ヒノキ)

・月見堂(薬師堂)月を観るのに格好な場所。

・万葉集防人歌碑(神坂神社)古典を偲ぶ

 

実施日 8月30日(火)~31日(水)~9月1日(木)、の場合

 

火曜日、満蒙開拓平和記念館、熊谷元一写真童画館共に休刊日なので見学は2日目からにします。

旅日程計画(案)

 

【1日目】駒場宿散策 星空見物

 

AM9:00新宿発(高速バス)→双葉休憩15分 → PM1:00伊賀良下車

伊賀良(移動・マイクロ)→PM1:30昼食→熊谷元一が撮った村を歩く。駒場の宿場町散策。→PM5:30昼神温泉郷宿入浴・夕食

夜7:30 車移動→ロープウェイ→ヘブンス園原「日本一星空見物」→宿、就寝

 

【2日目】熊谷元一写真童画館見学 古典の里・箒木館見学

 

AM6:00温泉朝市見物、足湯 地元特産。AM8:00朝食 AM9:30熊谷元一写真童画館見学→車移動→園原の里・パークランドで昼食(名物五平餅)→古典文学の里散策→宿・鶴巻荘

 

【3日目】満蒙開拓平和記念館見学 長岳寺 りんごの里

 

M6:00温泉朝市見物、足湯 地元特産。AM8:00朝食→10:00満蒙開拓平和記念館見学→長岳寺→自由行動3:00集合→16:19高速バス→PM8:30新宿解散

―――――――――――――――――― 5 ―――――文芸研究Ⅱ下原ゼミNo.294

 

熊谷元一写真展「一年生」 1「写真とるぞ」2「そうじの時間」コメント1953

 

 

 

文芸研究Ⅱ下原ゼミ通信No.294 ―――――――― 6 ―――――――――――――

 

コメントしてください。給食づくり1「何人分かな?」2「一クラス一バケツかも」1953

 

 

―――――――――――――――――― 7 ―――――文芸研究Ⅱ下原ゼミNo.294

 

満州と熊谷元一は、深い関係があります。大東亜省の写真班にいた熊谷は、6年間にわたって満蒙開拓団を撮りつづけました。3度の渡満でたくさんの写真を撮りました。が、残念ながらそれら写真派東京空襲でほとんど焼失してしまいました。

 

熊谷元一研究・間連(満蒙開拓平和記念)案内

 

☆歌集出版を祝して

 

〈2016年度 国際文化部「FICオープンセミナー」〉

 

満蒙開拓の歴史から受け継ぐもの

 

――歌集『伊那の谷びと』の小林勝人さんに聞く――

 

◆日時 : 2016年7月9日(土)15:00~18:00

◆会場 : 法政大学市ヶ谷キャンパスボアソナードタワー3階 0300教室

※交通=JRまたは地下鉄の「市ヶ谷駅」「飯田橋駅」から徒歩約10分

◆内容 : 小林勝人さんの語り 聞き手 高柳俊男教授

 

□主催 法政大学国際文化学部 学部事務03-3264-9345

 

※どなたでも参加できます。無料 事前申し込みは不要です。

 

《歌集から》

 

牛がせしその温き糞に裸足を入れ冬の満州生き延びし孤児

ふたつの国ふたつの母を語り呉れる卆寿過ぎたる帰国婦人は

この事実いまの児たちに話さねばならぬと語り部つえつきて来る

村を分け新天地へと渡満させし母村も合併の波に呑まれる

 

スタディ・ジャパン(SJ)国内研修

 

法政大学国際文化学部では、留学生に日本を多方面的に認識してもらうことを主目的に、2012年度から長野県南部の飯田・下伊那地方で「スタディ・ジャパン(SJ)国内研修」を実施しています。

SJ国内研修では、この地域のかつての外国や異民族との関係、国際化の現状と展望などが学ぶべき主要テーマの一つですが、その中には当地にとつて欠かせない満蒙開拓も含まれています。研修のなかで例年お世話になっている小林勝人さん(歌会始入選者)が昨年、『伊那の谷びと』を上梓しました。飯田日中友好協会や満蒙平和記念館に関わってきた経歴を反映して、満蒙開拓や中国帰国者について詠んだ歌が全編を貫いています。

満蒙開拓という「負の歴史」を直視し、それをプラスへ変えようとする営みに学びつつ、研修地である飯田・下伊那地区の過去・現在・未来を、より掘り下げて考える場になればと思います。

 

信濃毎日新聞』2016.3.20 短歌で伝える満蒙開拓 中国帰国者らの話を題材に

文芸研究Ⅱ下原ゼミ通信No.294―――――――― 8 ―――――――――――――

 

掲示板

 

 

読書会お知らせ ドストエーフスキイ全作品を読む会「読書会」

 

月 日 8月13日(土)       時 間 2時00分~4時45分

会 場 東京芸術劇場小7会議室    作 品 『白痴』5回目 ゼミ生0円

 

課題8について 6月20日配布

 

テーマ1.社会観察「イスラム国テロ」「参院選」

テーマ2、熊谷元一研究、通信掲載写真コメント

テーマ3.自分観察「ある日の一日」

ゼミⅡ記録

 

□4月11日ガイダンス6名 DVD NHK長野放送「熊谷元一追悼番組」

□4月18日 浦上透子さん 音読「恩師の告白」ゼミ合宿について 満州国について

□4月25日 鈴木優作さん 音読「恩師の告白」満州・子ども時代の遊びについて

□5月9日 浦上さん、鈴木さん、「個人の完成」「多読と精読」『菜の花と小娘』読む。

高橋さんに写真撮ってもらう。

□5月16日 浦上さん 鈴木さん DVD「オンボロ道場再建」観賞。

□5月23日 浦上さん、鈴木さん(須川さん課題配布)サローヤン『空中ぶらんこ』

『網走まで』『夫婦』の読み

□5月30日 熊谷元一研究 DVD「教え子たちの歳月」観賞。

20年前制作、45分番組だが、撮影全時間は35時間、撮影期刊間5月~10月

□6月6日 ゼミ合宿話し合い 『網走まで』考察(本通信) 『三四郎』読み

□6月13日 浦上さん テキスト読み(ジュナール)ゼミ誌について

□6月20日6月13日 浦上さん テキスト読み(ジュナール)ゼミ誌について

□6月20日 浦上さん、鈴木さん、DVD観賞(熊谷の教育)テキスト読み『出来事』

 

 

―――――――――――――――――― 編集室 ――――――――――――――――

 

〒274-0825 船橋市前原西6-1-12-816 下原ゼミ編通信・編集室

メール:toshihiko@shimohara.net 携帯 090-2764-6052 ℡047-475-1582 下原

19回熊谷元一写真賞コンクール募集 2016年のテーマは「阿智村」・「祝う」です。

 

テーマ「阿智村」は、阿智村に来て、阿智村を撮ってください。風景、行事何でも可。

テーマ「祝う」は、どんな祝い事でも。「祝い事」ならなんでも。

 

締め切りは、2016年8月末 選考会は同年9月末東京で最終選考会 授賞式11月

 

 

 

 

7・4ゼミⅡ課題

 

テーマ社会観察「イスラム国テロ」

 

 

 

名前

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

社会観察・「参院選」選挙、いきますか

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

 

7・4課題ゼミⅡ

 

テーマ 熊谷元一研究「写真コメント」

 

名前

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

1「写真撮るぞ」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

2「そうじの時間」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

1「給食をつくる」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

2「何クラス分かな」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

7・4課題ゼミⅡ

 

テーマ 自分観察「ある日の一日」

 

名前

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

 

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑