文芸研究Ⅱ 下原ゼミ通信No.299

公開日: 

日本大学藝術学部文芸学科     2016年(平成28年)10月24日発行

 

文芸研究下原ゼミ通信No.299

 

BUNGEIKENKYU Ⅱ SHIMOHARAZEMI TSUSHIN

編集発行人 下原敏彦

9/26 10/3 10/17 10/24 10/31 11/7 11/14 11/21 11/28 12/5 12/12 2017年 1/16 1/23

 

熊谷元一研究&テキスト作品(志賀直哉他)

 

2016年読書と創作の旅

 

10・24下原ゼミ

 

  1.  ゼミ誌合宿について ゼミ誌についての報告
  1.  テキスト読み『子を盗む話』(犯罪観察) 『灰色の月』(車内観察)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊谷元一研究  熊谷元一写真童画館11月の行事

 

11月23日 熊谷元一写真保存会第20回総会

 

熊谷元一写真保存会(岡庭一雄会長)は、11月23日(祝・木)午後1時より「熊谷元一写真童画館」2階ホールにて熊谷元一写真保存会第20回総会を開催します。

議題は以下の通りです。

 

議 題  1.平成27年度事業報告および会計報告

2.会計監査報告

3.平成28年度事業計画および会計予算(案)

  1. その他

 

熊谷元一写真賞コンクール表彰式

 

なお、同館2階ホールで2時から

 

☆第19回熊谷元一写真賞コンクール表彰式が行われる。

 

また、9月28日に東京で開かれた写真賞最終選考会で第20回のテーマがきまった。

 

☆20回のテーマ「遊ぶ」に決定、2017年8月末まで。「阿智村」は常設。

応募要項は「熊谷元一写真童画館」ホームページ参照

文芸研究Ⅱ下原ゼミ通信No.299 ―――――――― 2 ―――――――――――――

 

ゼミ合宿について

 

夏休み台風10号の影響で延期になっていた校外授業を下記の予定で行います。

 

月 日  11月26日(土) ~ 27日(日)

 

出 発  午後

日 程

 

□11月26日(土)

 

・高速バス PM2時00分 → 6時30分頃到着 (車中4時間半)

 

・宿夕食  PM6時30分 ~ 7時半頃 夕食後 外に星空見物

 

□11月27日(日)

 

・朝市見物 AM6時00分 ~ 7時

 

・朝 食     7時00分 ~ 8時 朝食

 

・熊谷元一写真童画館見学 9時15分 ~ 10時30分

 

・満蒙開拓平和記念館見学 11時00分 ~ 12時30分

 

南国飯店で打ち上げ  1時30分 ~ 3時30分

高速バス      4時19分 ~ 8時30分 新宿駅

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

法政大学国際文化部南信州研修     (提供・高柳教授)

 

法政大学国際文化学部は、毎年、南信州で研修をおこなっている。阿智村においては、下記の行程で見学をした。

 

7泊8日 9/1~9/8 このうち阿智村研修は2日目の午後でした。

 

2日目 午前中は、飯田市美術博物館の見学 プラネタリウム 「山都いいだ」「人形劇のまちいいだ」「菱田春草の青春」「飯田のりんご並木」

 

午後 バス → 阿智村駒場 中国孤児帰国に尽力した山本慈昭ゆかりの長岳寺見学(武田信玄終焉の地) 満蒙開拓平和祈念館をボランティアつきで見学。

→ タクシーで昼神温泉にある熊谷元一写真祈念館見学 → バスで飯田

 

―――――――――――――――――― 3 ―――――文芸研究Ⅱ下原ゼミNo.299

 

ゼミ誌作成について    10・5のゼミガイダンス

 

参加者報告  浦上  鈴木

 

これまでの計画

 

10月中旬(17日) → USBメモリーを浦上さんに作業開始

 

10月下旬(24 ) 原稿提出、

 

11月中旬 → 校正作業、印刷会社・新生社へ

 

12月9日(金)納品

 

ゼミ雑誌の納品は、2016年12月9日(金)です。

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

ゼミ誌 内容報告

目 次

Ⅰ 熊谷元一研究 

 

〈熊谷元一とは何か〉について

Ⅱ 特集【熊谷元一と写真】

〈写真家・熊谷元一〉 ・写真と熊谷の関係

〈写真感想〉

・浦上透子(有)   ・須川藍加(有)  ・鈴木優作(有)

・下原敏彦(岩波写真文庫『農村の婦人』「被写体になった村人と私たち」)

Ⅲ ゼミ課題報告 書くことの習慣化を目指して

 

〈社会観察〉・浦上透子(有)  ・須川藍加(有)  ・鈴木優作(有)

〈自分観察〉・浦上透子(有)  ・須川藍加(有)  ・鈴木優作(有)

〈テキスト観察〉・浦上透子   ・須川藍加     ・鈴木優作  (

Ⅳ 創作・エッセイ

・浦上透子 「 有 」

・鈴木優作 「 有 」

・下原敏彦 創作「計根別まで」 ある青春の思い出

 

あとがき

 

浦上透子、鈴木優作

 

文芸研究Ⅱ下原ゼミ通信No.299 ―――――――― 4 ―――――――――――――

 

満蒙開拓平和祈念館見学資料

 

―――――――――――――――――― 5 ―――――文芸研究Ⅱ下原ゼミNo.299

盛況だったフォーラム

 

 

 

文芸研究Ⅱ下原ゼミ通信No.299 ―――――――― 6 ―――――――――――――

 

主演の内藤剛志さんは日芸出身です。

 

 

―――――――――――――――――― 7 ―――――文芸研究Ⅱ下原ゼミNo.299

 

中国残留孤児がつづる『この生あるは』中島幼八著 幼学堂2015.4.20 ¥1500+

 

 

 

文芸研究Ⅱ下原ゼミ通信No.299―――――――― 8 ―――――――――――――

 

阿智村紹介 フォトグラファー杉本恭子さん主催

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑