文芸研究Ⅱ 下原ゼミ通信No.321

公開日: 

日本大学藝術学部文芸学科     2017年(平成29年)9月25日発行

 

文芸研究下原ゼミ通信No.321

 

BUNGEIKENKYU Ⅱ SHIMOHARAZEMI TSUSHIN

編集発行人 下原敏彦

9/25 10/2 10/16 10/23 10/30 11/6 11/13 11/20 11/27 12/4 12/11 1/15 1/22 1/29 

テキスト作品読み(志賀直哉他) &熊谷元一研究

 

2017年読書と創作の旅

 

2017年後期授業、開始

 

報告  熊谷元一研究・ゼミ合宿無事終了

 

総勢10名、女性陣6名、男性陣4名南信州の旅

 

下原ゼミⅡは、8月16日(水)~17日(木)熊谷元一研究の一環として、熊谷の故郷、長野県下伊那郡阿智村訪問を実施した。日芸からは、2年生の島袋美咲さん、3年生の浦上透子さんが参加した。加えて、ドストエーフスキイ全作品を読む会・読書会から3名の会員、日大OB「六会会」からも参加で総勢10名の団体となった。

写真は、熊谷元一写真童画館、右・島袋美咲さん、中央・下原 左・浦上透子さん

 

文芸研究Ⅱ下原ゼミ通信No.321 ―――――――― 2 ―――――――――――――

 

 

2017年下原ゼミⅡゼミ合宿ルポ

 

日 程 8月16日(水)~ 17日(木)

 

行き先 長野県下伊那郡阿智村昼神温泉郷

 

宿 泊 「阿智の里 ひるがみ」0265-43-2255

 

目 的 熊谷元一研究「熊谷元一写真童画館」見学

「満蒙開拓平和記念館」見学

 

☆日本一星空見物 雨のため中止 温泉組合主催の盆踊り花火大会見物

 

【参加者】10名(女性6名、男性4名)協賛:マレットゴルフ芝勝 南国飯店

 

【日芸】

・下原敏彦 下原ゼミⅡ担当「熊谷元一研究」

・島袋美咲 下原ゼミⅡのゼミ生、永井荷風、キルケゴールに魅せられて下原ゼミに。

・浦上透子 山下ゼミⅢのゼミ生、聴講生として参加、昨年も下原ゼミ合宿に参加。

 

【読書会】

・堀田信子 ドストエーフスキイ全作品を読む会「読書会」会員、早大聴講生。

・近藤靖宏 ドストエーフスキイ全作品を読む会「読書会」会員、公務員 藤沢市

・下原康子 ドストエーフスキイ全作品を読む会「読書会」会員、会主催、

 

【日大OB】

・井戸川泰良 日大OB「六会会」会員、原発被害の双葉町出身、茅ヶ崎在住

・寺嶋憲夫 日大OB「六会会」会員 柏駅丸井ビル理事長、不動産会社経営

 

【関係者】

・寺嶋裕美 ファッション店「マドモアゼルジョゼ」経理 五街道を歩く会会員

・寄藤栄子 元病院職員

 

ルポタージュ

バスタ新宿まで 途中事故で渋滞、冷や汗

 

8月16日水曜日 4時半起床、天気は曇り、これで8月16日連続で天気悪い。梅雨明け宣言でたのに8月に入ってから雨ばかり。回復を祈る。6時、甥の純隆君が、姉を乗せて車で迎えにくる。今日の事を知って車で出勤することにして、送ってくれるのだ。京葉高速は空いていた。7時半の集合時間には、十分間に合う。安心していたが、小岩付近で、いきなり渋滞。「これは事故かも」甥のつぶやきに、時間が気になる。まだ、十分余裕はある。が、大事故だったら…。まずい、もし出発の8時に間にあわなかったら…。そんな不安が過って焦る気持ちになる。案じていると、車は少しずつ動きだし安堵する。途中、事故現場をみた。3台の車の追突事故。小型ダンプは対向車線のしきりに乗り上げていた。

―――――――――――――――――― 3 ―――――文芸研究Ⅱ下原ゼミNo.321

 

3台は別々に置かれていたので間をぬってバスタ新宿に到着。7時だった。4階の集合場所に行く。実は、お知らせに勘違いから2階としてしまった。間違いなければよいが。指定場所には、まだだれも来ていない。混雑しているので、少し離れた場所に座る。一番手は、早大聴講生の堀田信子さん。30分前からきていたとのこと。2番手は、湘南ボーイの近藤靖宏君、30ン歳、合流組では一番の年若。3番手、浦上透子さん、続いて島袋美咲さん。柏の寺嶋夫婦。最後の一人、井戸川君、間違いの案内をみて2階でうろうろしていたとのこと。「下ってかいてあるから」が迷った理由。引率者の下を上下の下と勘違い。古希すぎると、こんな間違いもある。7時50分、10名全員揃う。高速バス乗り場へ。

 

雨の南信州阿智村IN昼神温泉郷

 

バス席、最前列10名。美咲・浦上。下原・栄子。寺嶋・裕美。近藤・井戸川。康子・信子。「飯田行き」ほぼ満席8時05分定時に発車。雨の高速道路、10時10分双葉サービスエリア。休憩15分。雨やみそうにない。死亡事故に遭遇。バス走行順調、伊那谷に入ると雨脚強くなる。12時15分頃、伊賀良に到着、「阿智の里 ひるがみ」マイクロバスで迎えに。水上さん運転(10ぐらい下だが覚えない)12時40分、「阿智の里 ひるがみ」到着。宿レストランで昼食(和食)1時半、~2時30分、堀田さん足が痛くて残る、雨やまないようなので星空見物キャンセル。(3000返金)栄子さん、南国と芝勝3人で飯田の長姉(施設)に会いに行く。3時 荷物を置いて徒歩で「熊谷元一写真童画館」へ向かう。途中ホテル「石田」で能舞台をみる。8時から催し舞台ありとのこと。見学する予定。

「阿智の里 ひるがみ」は、元は年金保養所

 

 

文芸研究Ⅱ下原ゼミ通信No.321 ―――――――― 4 ――――――――――――

 

熊谷元一写真童画館見学

 

2時30分、昼神温泉入口付近にある「熊谷元一写真童画館」を見学した。熊谷(1909-2010)が阿智村で撮った写真は、すべて保管されている。保存会公表5万枚。常設は、昭和28年(1953)当時会地村会地小学校に入学した1年生の写真が多い。

 

昼神温泉郷入り口にある熊谷元一写真童画館

 

 

堀田信子さんと寄藤栄子さんは、用事で席をはずしていました。

 

―――――――――――――――――― 5 ―――――文芸研究Ⅱ下原ゼミNo.321

 

 

3時、写真童画館。当番・岸田館長、村議の原佐代子さんもきてくれる。記念撮影。展示作品は、主に『一年生』(岩波写真文庫 1955)の作品が目立つ目だっ。昨年冬は、日芸の展覧会で話題になった『黒板絵』が展示された。通年は、『一年生』の写真が多い。

写真は、熱心に観賞する島袋美咲さん(上)と浦上透子さん(下)。

 

 

文芸研究Ⅱ下原ゼミ通信No.321 ―――――――― 6 ――――――――――――

 

自由時間は、森のなかの珈琲店『十字屋』で憩う

 

4時00分、ゼミ合宿最初の目的、写真童画館見学のあとは自由時間。森の中にある珈琲専門店、「十字屋」で、一杯のコーヒーを楽しみました。

 

温泉の露天でのんびり 星空見物はキャンセル代わりに花火大会

 

5時00分、宿に戻って入浴。長旅の疲れを癒す。雨のため盆踊り大会中止、代わりに抽選券大会と花火見物があるとのこと。8時、盆踊り会場まで宿のマイクロ場が送迎するとのこと。受付で抽選券20枚もらう。

6時30分から夕食。楽しい旅を祝ってビールジョッキで乾杯。網掛け山のふもとからあげる大玉花火は、見事でした。10時宿に戻り入浴。

 

17日(木)快晴 朝市見物

 

翌日の17日、この日は、快晴、緑の山間のうえにひろがる青空がまぶしい。昨日だったらと恨めしかった。またの日を楽しみに朝市見物。

 

 

 

7時30分、朝食、南国、芝勝の車が迎えに。9時半出発満蒙開拓平和記念館へ

 

―――――――――――――――――― 7 ―――――文芸研究Ⅱ下原ゼミNo.321

 

満蒙開拓平和記念館の前で

 

 

 

昨秋、満蒙開拓平和記念館を訪問

された天皇皇后両陛下

文芸研究Ⅱ下原ゼミ通信No.321 ―――――――― 8 ―――――――――――――

 

 

1時00分、スイカ食べた後、打ち上げ会場の南国飯店に向かう下原ゼミ一行

 

 

地元参加者 → マレットゴルフ「芝勝」社長夫妻、写真館職員の原佐代子氏(28会)、

郷土史家の林茂伸氏(ボランティアガイド)

 

阿智村の日本一星空、最近、大人気です。NHKでも民放でも宣伝してました。が、どちらの局も雨にたたられました。下原ゼミも、あいにくの天気でキャンセル。

残念でしたが、またの日を楽しみにしましょう。下原ゼミ・読書会合流の南信州昼温泉の旅参加の皆様、お疲れ様でした。

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑